Character

Character

Okayu Albus

Typhon (Elemental)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 3

ヒーラーマクロがめんどくさい!!ダレカタスケテ

Public
つい最近ヒーラーをやり始めたのですが、なかなかに操作がめんどくさい。。。
なので、めんどくさがりのワタクシはマクロを導入して簡単にしようと思ったわけです。
そしてこれがマクロの沼に立ち入る切っ掛けだった‥‥。

完。



というのは冗談として‥‥。
ワタクシが最初に作ったヒーラーマクロはこれ↓です。

/as <2>
―――――――――――
/micon 回復魔法 (ケアルなど)
/merror off
/ac 回復魔法 <tt>
/ac 回復魔法 <t>

上側はよくあるアシストマクロそのまま流用させてもらっています。
で、下側がワタクシが作ったやつで、この上下の二つを併用します。
想定では敵を見ながらタンクを回復でき、パッドの十字キー等で選択して個別にロックオンすればロックオンした対象も回復もできる。そしてロックを自分に向けてやれば自分も回復できる。
という汎用性が高くて理想的なヒーラーマクロになるはずだったのですが‥‥、そうはなりませんでした。

なぜか<tt>の下に配置した<t>が正しく機能しせず、自分を回復してしまってロックオンした対象を回復できない。
というバグのような仕様にぶち当たりました。
なんとかしてこれを使えるように<tt>と<t>を上下逆に配置してみたり、いくつか重ねて配置してみたり、全く関係ないマクロを入れてみたりといろいろなことをやりましたが結局解決できませんでした。

開発の方、もし見てたら<t>の付いた回復魔法では自分を回復しないようにしてくださいお願いします。

で、↑のマクロが使えないので仕方なく、本当に仕方なく別なマクロを導入しました。
正直に言ってしまうとこのマクロを導入したくはありませんでした。
なぜなら敵の攻撃予兆ゲージが見にくくなってしまうからです。
なんでかはこのマクロをみてください。

/target <2>
/foucstarget <tt>
――――――――――――――――――
/micon 攻撃魔法 (ストーンなど)
/merror off
/ac 攻撃魔法 <tt>
/ac 攻撃魔法 <t>

↑の2つのマクロを併用します。
上側のマクロはパーティリスト2番目のタンクをロックオンし、タンクが見ている敵をフォーカスするマクロです。(ちなみに余談ですが、連打にしてもフォーカスが剥がれることはありません。そしてタンクが別な敵を見たらこのマクロを再度押せばその敵にフォーカスが移ります。)
下側はいわゆるtttストーンとか言われるやつ。
タンクを見ながら攻撃でき、敵を直接見て攻撃もできるってやつ。(こっちの<t>はしっかり動作するのになんで回復魔法だけダメなんですかねぇ‥‥)

で、このフォーカスUIのちっこい窓口のなかのさらにちっこい攻撃予兆ゲージを見ることになのでくっそ見にくい。
普通のターゲットUIみたいに個別に分割してサイズを設定できないので攻撃予兆ゲージはフォーカスUIのすごくちっこいゲージを見るしかない。そしてじゃあフォーカスのUIを大きくすれば解決するかというと今度はフォーカスUIが邪魔になるっていう。

敵の攻撃を避けるのに重要な攻撃予兆ゲージがとっっっても見難い!
もう一度いいます。

重 要 な 攻 撃 予 兆 ゲ ー ジ が 見 難 い !

なのでこのマクロは失敗作、いや一応実用してるし失敗作一歩手前かな?
でもこんな失敗作一歩手前のマクロでも一応攻撃と回復「は」楽になりました。
マクロをポチッとするだけでタンクをロックオンできるので咄嗟の回復はしやすいし、攻撃はタンクと一緒のやつを勝手に狙ってくれるので自分で選ぶ必要もなく攻撃ボタンをポチポチしてるだけで良い。

でも、それでも!
攻撃予兆ゲージが見にくいのはいただけない!
後半になってくると敵のAoEが表示されなくなってくるので攻撃予兆ゲージがあるかないかで難易度が大きく上下するくらい重要なものが、見 難 い !

現在おかゆはヒーラーマクロの沼で四苦八苦してます。
皆さまが使用しているヒーラー活動を楽にできるマクロを教えてください。
どうか皆さんのお知恵をお貸しください‥‥m(_ _)m

というところで今回の日記は〆です。
最後まで見て頂きありがとうございました。
Comments (3)

Cuderia Feuerbach

Masamune (Mana)

新着から~

まず、回復魔法の仕様を説明しますが、回復魔法はターゲットに対して使用した場合、そのターゲットが味方である場合は、味方に詠唱しますが、ターゲットが回復魔法をかけられない相手である場合、例えばエネミーだったり、回復をかけられないNPCやオブジェクトだったり、そもそも誰もターゲットしていない場合は、自分を回復するようになっています。

そして、<tt>ですが、これは"ターゲットがターゲットしている相手"です。
例えばこれで味方を回復しようとすると、基本的にタンクやDPSというのはエネミーをターゲットしているはずですので、エネミーをターゲットにして回復しようとするため、自分に対して回復魔法を実行しているんですね。
そして2行目の<t>の回復魔法ですが、これは<tt>の回復コマンドによって既に回復魔法を詠唱中であるため、詠唱中及びリキャスト中でこのコマンドは実行されなくなっています。

Cuderia Feuerbach

Masamune (Mana)

このように2行続けてアクションを登録する場合、1行目が実行エラーになった時のみ2行目が実行されますが、<tt>の回復魔法コマンドによって回復詠唱をしない状況というのが存在しないので、この2行目の<t>が正常に実行されることはありません。

揚げ足を取る様で申し訳ありませんが、これは全ジョブで言えることですが、アクションをマクロで実行することは基本的にお勧めしません。仕様上遅延が発生しがちだからですね。
ヒーラーの戦い方としましては、基本的にエネミーをターゲットした状態で、回復したい相手にその都度ターゲットを変更して回復するというスタイルが一番良いと思います。

あと恐らく"ロックオン"というのはターゲッティングの意味で使ってらっしゃると思われますが、ロックオンはターゲットの対象を固定し、常に相手を画面及びキャラの向きを正面に捉えるシステムのことでして、ターゲットする行為とは別の機能です。

Okayu Albus

Typhon (Elemental)

コメントありがとうございます。

2行目の<t>がターゲットを回復してくれなかったのはなるほどそういう理由だったのですね。
マクロで楽々ヒーラープレイ!なんてことはできないんですね‥‥(´・ω・`)

あ、ロックオン→× ターゲット→○ ですね。
指摘ありがとうございます。恥ずかしー////

とても勉強になりました、本当にありがとうございました!
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying