Character

Character

Xeno Smith

Gungnir (Elemental)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

【Smith姉弟のクラフター講座】Lv20 イシュガルド復興に挑戦しよう

Public
【注意】
この日記では、クラフターを触ったことがない方向けに基本的な知識を載せています。
スキル回しのヒントは載せますが、マクロ等の掲載はありませんのでご了承ください。
また、内容には十分確認を取りましたが、間違い等がありましたらご指摘ください。




【登場人物】
Click to showClick to hide


Xeno Smith
年齢は23歳くらいだと思われるが、それよりも幼く見られることも。


Shion Smith
永遠の18歳を自称する。



―― リムサ・ロミンサ 溺れた海豚亭 ――


「……それでね、私は言ってやったわけ。

『英雄に悲しい顔は似合わないわ』ってね!」


「いよっ! 姐さんイカすねぇ!」

「姐さん、もう一杯どうぞ!」

「やだぁ、そんなに飲ませて何するつもりなのぉ? うふふ…」

「うふふじゃないし、それ言ったのもねーちゃんじゃないよね?」

うぇっ!? ぜ、ぜぜぜ、Xeno、何であんたがここに…!?」

「何でも何も、ねーちゃんが裁縫士ギルドにも居ないし、クイックサンドにも顔出してないみたいだし。

タタルに情報集めてもらったら、最近はここに入り浸ってるって聞いて来てみたら…」


「だ、だってぇ……ギルドリーヴにも飽きちゃったんだもん!

それにここの人達、人を持ち上げるのが上手いからつい……ヒック……」


「ついって……まさか、飲んでるの……?」

「旦那旦那、安心してくだせぇ。姐さんはさっきからスパイスサイダーしか飲んでやせんって」

「えぇ……とにかく、ウルダハに戻るよ!

あ、勘定は暁の血盟でつけといて!」


「毎度~!」

「あぁ〜ん! もっと飲むのぉ〜!!」

「酒飲めない人でしょ、ねーちゃんは!!」


―― ウルダハ 裁縫士ギルド ――


「はい、本日はギルドリーヴに飽きたねーちゃんに、今最も旬なクラフターおすすめレベリング方法を伝授します」

「わーいわーい!!」

「その名も…『イシュガルド復興』です!!」

「何それー!?」

「パッチ5.1で追加された、主にギャザラー・クラフターのためのコンテンツです。

ざっくり説明すると、アイテムを納品してイシュガルドを復興しようというもの。

ただし…」


「ただし…?」

このコンテンツの解放には、メインクエスト『最期の咆哮』をクリアしている必要がある。

……つまり、未だグランドカンパニーにさえ所属していないねーちゃんには手の届かないものである!!!」


「ぐはっ!!」

「でも、ねーちゃんも裁縫士のレベルが20。
『イシュガルド復興』に参加できる最低レベルには到達してるんだ。

なので、今日はねーちゃんには、擬似的に『イシュガルド復興』に挑戦してもらいます。

名付けて、『レベル20のねーちゃんはイシュガルドを復興できるのか!?作戦』です!」


「え? ……え???」

「まずは『イシュガルド復興』の流れから。

『イシュガルド復興』のコンテンツを解放すると、製作手帳に復興用のアイテムが追加される。

これはどのクラフターにもそれぞれ追加されるから、どのクラフターでも『イシュガルド復興』に挑戦できるよ」


「それは…レベル20の裁縫士でも復興の役に立てるってこと?」

「もちろん! レベル20の裁縫士なら、『復興用の荒縄』が作れるようになるよ。

これらの追加レシピは少し特殊で、 『収集品製作専用』 になってるよ」


「収集品……??? それは、普通に作るアイテムより難しいのかしら……」

「そうだなぁ……通常の装備品なんかの製作だと耐久は80か70なんだけど、収集品は一律60。
10少ない分、難しいと言えば難しいかなぁ。

けど、製作自体はいつもと変わらないから、そんなに身構えなくてもいいよ」


「むむむ……よくわからないわ……」

「例えばだけど、品質を上げて、HQ率が90%以上になったのに、完成したらNQだったってことはない?」

「あるわ! あれ、とっても悔しいのよね…!」

「通常製作だとNQかHQの2択になっちゃうし、ギルドリーヴなんかじゃNQだと報酬が減ってもったいなく感じるよね。

収集品は、上げた品質によって収集価値が付与される製作。

HQ率90%相当の品質なら、きちんとそれだけの価値を認めてもらえる製作方法なんだ」


「それ、素敵ね! いつも通り製作するだけでいいの?」

「『収集品製作専用』のレシピならね。

通常製作と収集品製作の両方ができるレシピの場合、【収集品製作】のスキルを使うことで収集品として製作することができるよ」


※【収集品製作】はLv50で覚えるスキルです。

「よし、それじゃあ早速やってみる!

……って、レシピがないのに、どうやって……?」


「そ・こ・で、ねーちゃんにはこの『コットンドレスグローブ』作りに挑戦してもらいます!」

「え……何で???」

「ちょうど、『復興用の荒縄』と製作難易度が同じくらいなんだ。
違うのは、最大品質と耐久くらいかな?

これでねーちゃんの持てる力を全部注ぎ込んで、どのくらいまで品質が高められるか試して欲しいんだ!」


「ふんふん?」

「ひとつ注意して欲しいんだけど、『復興用の荒縄』は耐久60、『コットンドレスグローブ』は耐久70だから、最後に耐久が10余るように作ってみて。

途中で耐久が10になったら失敗だからね!」


「耐久が60だと想定して作ればいいのね。わかったわ!」

「そして、こちらが実際にねーちゃんがやってみせたスキル回しです!

長いから折り畳むよ〜」


Click to showClick to hide

【Shion 裁縫士Lv20 MaxCP251】
※〔〕内は残りCPと耐久、また耐久は収集品と同じ最大60として記述しています。
※素材は全てNQを使用しています。

インナークワイエット   〔CP233〕
倹約           〔CP177〕
ヘイスティタッチ×4   〔CP177 耐久40〕
倹約           〔CP121〕
ヘイスティタッチ×3   〔CP121 耐久25〕
加工           〔CP103 耐久20〕
マスターズメンド     〔CP15 耐久50〕
秘訣           〔CP35〕
工面算段         〔CP13〕
作業×2         〔CP13 耐久30〕
秘訣           〔CP33〕
ヘイスティタッチ     〔CP33 耐久20〕
中級加工         〔CP1 耐久10〕
作業           〔耐久0〕


「え!? ちょ、何で公開するのよ!?」

「見てる人が少しでも参考になればなーって」

「見てる人って誰!?」

「ちなみにねーちゃん、このスキル回しのポイントは?」

「ぽ、ポイント…? 言う程のものじゃないわよ…。

まず、【インナークワイエット】を入れた後に、【倹約】を使って耐久の使用効率を上げたわ。

その状態で【ヘイスティタッチ】を4回。CPの消費を抑えるためね。

2回目の【倹約】を入れて、また【ヘイスティタッチ】。

4回目が【加工】なのは、そのタイミングで状態が高品質になったからそうしたの。
通常だったら【ヘイスティタッチ】にしていたと思うわ。

そして、【マスターズメンド】で耐久を回復したの。

……ここまでやって気づいたのだけれど、【作業】を全くしてなかったから、工数が全然進んでなくて焦ったわ。

このタイミングでまた状態が高品質になったから、【秘訣】でCPを回復。

【工面算段】を入れて、【作業】を2回。何とか目標工数に届きそうで安心したわ。

ここでまた状態が高品質になったから、【秘訣】でCPを回復。

【ヘイスティタッチ】を1回、余ったCPを使って【中級加工】。

最後に【作業】をして完成ね。

ちなみに、【ヘイスティタッチ】は8回のうち半分くらいしか成功しなかったわ」


「なるほど…」

「ど、どう…? 何かおかしい所があったかしら…?」

「うーん…状態が高品質になるのが多かったのに助けられたって印象かな?

特に、【工面算段】を入れる前に【秘訣】が使えなかったら、【作業】は合計で4回やっていたかもしれないね…。

けど、きちんと考えて、丁寧に製作したってわかるよ。

インナークワイエットのスタック数が貯まった終盤に【中級加工】を入れたのも良いと思う」


「ほっ……」


「それでは、今回製作した『コットンドレスグローブ』の品質を発表してください!」

「……614ね」

「お、なかなか良い数字じゃないかな?

それじゃ、今度は俺が、『復興用の荒縄』を品質614前後まで上げて製作してみます!

それで完成した収集品の価値を見れば、ねーちゃんがどれくらいの価値の収集品を作れるかがわかる……はず!」


「Xeno…頭良いわね…」

「まぁ、きっちり614にはできないだろうし、ブレはあるだろうけどね…。

はい、完成! 結果は…」


「ドキドキ…」

「収集価値62!」

「おぉ〜! …って、それって高いの? 低いの?」

「及第点ってとこじゃないかな? でも、初めてにしては良くできた方だと思うよ」

「むむ…嬉しいような、悔しいような…」

「実は、『イシュガルド復興』で納品するためには、 一定の収集価値を超えた収集品じゃないといけない んだ。

Lv20の製作品なら、最低でも50の収集価値が必要なんだ」


「ってことは、今作った『コットンドレスグローブ』が『復興用の荒縄』だったとしたら、納品できる……はずよね?」

「そういうこと! つまり、ねーちゃんでも『イシュガルド復興』に貢献する技量があるってことだね!」

「ほんとに!?」

「【ヘイスティタッチ】が全部成功していたら、もっと上がっていただろうしね」

「そっかー! うんうん、やればできるのよ、私!」

「ちなみに、今回の収集品を納品した場合、貰える経験値は57697。

なんと、これ1つの納品でレベルが20から21になっちゃいます!」


「そんなに貰えるの!? それじゃあ、今度からは『イシュガルド復興』で楽々レベリングできるわね!」

「ただし…」

「ただし?」

「ねーちゃんは『イシュガルド復興』を解放できていないため、明日からもギルドリーヴをやってもらいます」

「い、いやあああああああ!!!!!!」

― つづく



【まとめ】

1.『イシュガルド復興』はLv20から始められ、経験値がとてもおいしいです。
  是非挑戦してみましょう。

2.今回紹介したスキル回しでは、本当に運に助けられた部分が大きかったです。
  『この通りにやればできる』というものではありませんのでご了承ください。

3.どこまで収集価値を上げられるか、ハイスコア更新を目指して
  スキルの選択を考えながらやると、楽しく製作できます。
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying

Cookie Policy

This website uses cookies. If you do not wish us to set cookies on your device, please do not use the website. Please read the Square Enix cookies policy for more information. Your use of the website is also subject to the terms in the Square Enix website terms of use and privacy policy and by using the website you are accepting those terms. The Square Enix terms of use, privacy policy and cookies policy can also be found through links at the bottom of the page.