Character

Character

Tome Tome

Valefor (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

戦線日記(22)対人戦考♪ 〜3大コントロール

Public
※先に言っておきます。あくまで私の考え。目安です。悪しからずw> <



フロントラインでは
"コントロール" することが3つある。


まず第一は言うまでもなく、
①ラインコントロール

主にタンクがその役を担い、
タンクの位置がラインの起点(目安)となる。
タンクを中心にメレーが上下し、文字通り体を張って前線を維持する。


その10〜20m後ろにヒーラーが位置し、
下がってはヒールし、
上がっては攻撃支援する。
ここぞという時は、タンクを超えて(え?w、
テンパランス & アサイズ or ミゼリをかます♪(ふふーふ
(なんでここだけ具体的? w> <

ま、私のスタイルなのでw


そして、ヒーラーとほぼ同位置いる遠隔DPSの最大の仕事は、ターゲットに向けての集中攻撃だ。
(本当に合うと2秒で瞬殺できる> <

そして、ライン戦の勝負を左右する、もう一つの大事な仕事は、
キャスターは、敵へのでデバフ攻撃。
レンジは、味方へのバフ支援。

これが有るか無いかは、殲滅具合に関わる。


先頭から後方まで25m(主なアクションの射程距離)の範囲で、全ジョブが絶えず上下動しながら固まって戦うのがライン戦だ。

ここに軍師の指揮が加わると、さらに統一した行動が取れ、さらなる前線の維持・殲滅が可能となり、自分のスキルよりも大きな戦果がもたらされる。
多少のスキル不足や経験不足さえカバーすることができるほどだ。
  ↑
ここもFLの面白いところやね♪



二つ目は、
これが厄介w
②ヘイトコントロールw

なぜなら "A" とか "2" とか、
PTリストには付かないがw
戦場では明らかに存在するw

最近、私にも見えるようになってきたw
(幻視かぁ?


敵の "ヘイト" を買いすぎて、
勝っていたのに逆転負け> <
という憂き目にあった経験は、誰にでも覚えがあるだろう。


つまり、
敵を殺しながら、
悪い印象を
敵に持たせない

という至難の技が必要だw> <


腹八分目にするのが基本かなw
必要に追いかけない事が肝要。
深追いで返り討ちにあう事はよくある事で、
これは、返り討ちにあうだけでなく、
"しつこい!"
執念深いと敵に思われる事は、さらなるヘイトを生む土台をつくる。


もう一つは、戦略と大きくかかわるが、
下位の敵を叩く。
理由もなく1位以外の敵を攻めない。

これもヘイトをグンとあげる。


この2点を気にかけると
後半、変な展開にならずに済むのでは無いだろうかw

ま、それでも絡まれる時はありますがw




とは言ってもさぁ
やられたら
やり返すのが
男でしょう!> <

という心の中の叫びを抑えるのが3つ目の
③自己コントロール

これを失うと、
勝利が遠のくだけでなく、
心が荒み、
面白いものが面白くなくなり、
信じられなくなり、
悪化し、
人のイイ私は悪化する自分を責め、
自己嫌悪に陥るw

私が "人" である以上、
私が私らしく生きている限り避けられない定めなのだ。


こういう状況に陥った時、
私が対処している方法を紹介しよう。










大好きなフレの笑顔を思い出す♪(ぽっ
(本当はここで相方と書きたかった> <ノ

好きな人に顔向けできないような行為は、
やらかせないなぁ(ふふーふ♪
となるw


(つづく
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying