Character

Character

Dorothy Albright

Ultima (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 4

眠らない椋鳥・上

Public
最近私の周りで妙な事が連続して起こった話。

本当はCWLSの皆にチャットで話そうと思ったんだけど、やっぱこっちが一方的に話すだけだしとにかく長くなりそうだったから日記って形で書くことにする。

あとちょっと注意事項なんだけど。


※怖い話をするつもりは一切ないんだけど結果的にちょい怖い話っぽくなるかもしれない。
私自身は怖い体験をしたとは思ってない。最初に書いたけど妙な事って思ってる。
だからちょっとでも気分を害されたならすぐに日記を読むのをやめてね。゚(゚´ω`゚)゚。
あとで文句言わないでね!
あと文才ないから読みづらいと思うけど、そこはごめん!










近況報告も交えながら書くから長くなるけどよろしくね!



〜序・深夜〜

1ヶ月とちょっと前からFF14のイン率が悪くなったと思う。
それには理由があって、夜の時間にバイトをやり始めたから。
バイトを始めたきっかけはこの話とは関係ないしプライベートすぎるから書かないけど、お金がないからってことではない。バイトしなくても生活は全然できるけどある理由からバイトを始めた。

そしてバイトの日はFFはインしないことにしてる。

やり始めたら止まんないからw

次の日に支障でると嫌だし私の性格上楽しいと時間忘れる傾向にあるから。

深夜0時を回って帰ることも珍しくなくなって、色々家事をやりながら気づいたら2時とか。
もう半分寝ながら何かしてるみたいなこともよくある。
今まで深夜2時っていったら大抵動画サイトの動画みてるかゲームしてるか。
つまりは何かに集中してるとき。

私は集中すると周りの音が聞こえなくなったり、見えなくなったりするのでよく友達に
「5回くらい呼んだんだけど?」
と割と本気で怒られたことがある。
改善はしていないw

さて寝るかなんて思ってるといつもお布団敷いて寝てる部屋から物音が。

何か重いモノを引きずる様な。
私は近くに友達いないから引っ越しは軽トラ借りて一人でやった。
つまり一人では抱えられないほどの荷物や家具はうちにはない。
もちろん引きずらなきゃいけないようなモノがないのも当然。
引っ越し当初からモノが増えた訳でもない。
増えたのはそれこそニンテンドーSwitchくらい。

いや、そもそも私しかいないし。
おっかしいなーなんてブツブツ言いながら部屋のドアを開ける。
何も動いてないっぽい。
強いて挙げるなら寝るときに側に置いてる水の入った500mlペットボトルが倒れてるくらい。
なんだ?と思いながらその日は就寝。
部屋の電気を消してスマホみながらうつらうつらしてたらいつの間にか寝てた。



〜二章・原因〜

それから1週間くらい経った頃。
初めて音がした日からこの日まで何もなくて、正直頭からはそんなことがあったことすら忘れてた。

その日も帰りが遅くなったので晩御飯いらないや、と思いながら帰宅。
お風呂も済ませゲームやりたいなって気持ちを抑えつつお布団に向かう。
Twitterみたら絶対インしたくなるからそういう気持ちも抑えて寝る前にトイレ行くかと思って寝室の向かいにあるトイレへ。
スッキリして水を流す音を聞きながら寝室のドアの前で気づく。
あの音が鳴っている。
いや、水を流す音のせいで分かりにくいがよく聞いてみると今度は不規則にドン、ドン、と壁を叩くというか何かが当たっている音。

そこまで古くない建物しかもクソ田舎でもネズミっているのかなぁ、なんて呑気に思いながら寝室のドアを開ける。
やはり何もない。
不思議なこともあるもんだ、と布団で横になると唐突に理解した。
どうやら音自体は自分の部屋からしているモノではなく、下の階からしている音の様だった。

生活音、にしてはちょっと大きい気がするがよく考えると階下の人がどんな人かはわからなかった。
日中部屋にいてもこんな音聞いたことないし、もしかすると夜型の人なのかもなと思いながらその日も寝に落ちておった。



〜三章・疑念〜

それからちょこちょこ深夜に帰る事が少なくなっていった。
だけど一度気になり出したら難儀なモノで、ちょっとした物音も耳に入る様になった。

FFには2週間くらいインしてなかった。
やはり今までゲームしたり集中してたから気にならなかっただけでずっとあの音はしてたのかもしれない。
そして何日かそんな事が続くと傾向みたいなものがみえてくる。
まず音は毎日鳴っている訳ではない。
鳴る時は大抵深夜。
大きい音が連続して鳴ることはないがたまにすごくうるさい。

最初は管理会社に苦情を入れようか迷った。
何故迷ったかと言うと、何となく私にも落ち度がある気がしたから。

最近バイトを始めて深夜に帰ることもあったし、自分の生活音が夜中に階下に迷惑をかけてたかもしれないこと。
普段からそういうトラブルはない様に生活してたけど普段から下の階に迷惑かけてたのかも。
とか色々考えると自分が一方的に、しかも普通に考えたら上の階がうるさいって苦情ならわかるけど下の階がうるさいなんて苦情どう考えても不自然。

きっとそういうのも含めてお互い様なんだろうなって考えて心の中で階下の人に謝った。

今までも気をつけてたけど、それから更に気をつける様に生活した。

あの音は少しだけうるさくなった。


それから更に1週間経ったある日、郵便受けに賃貸契約更新通知がきてた。
いつもなら印鑑を押してちょいちょいっと名前書いて郵送なのだが、その日は直接不動産屋へ出しに行った。
気分もあったがあの事が少しだけ気になっていたから。

不動産屋で受付のお姉さんに

「担当を呼んで参りますのでそちらに掛けてお待ちください」

と言われ、腰掛けてすぐ担当のNさんが顔を出した。
明るい人で私の顔を見るなり

「どろしぃ(もちろん普通に苗字で呼ばれる)さん!どうなさいました?」

と腰掛けながら対応してくれた。

「お忙しいところすみません。更新書類を持ってきたんです。」

というと彼は

「わざわざ持ってこられたんですか?いつも通り郵送でもよろしいですよ。」

なんて笑いながら事務員さんにお茶を出す様にお願いしていた。

そう、わざわざ、なのだ。
不動産屋は隣の市でよほどな事がない限りわざわざ来たりはしない、というのは最もな意見である。

「何かありました?それともお引越しとか?」

続けて聞いてくる。
なんとなく事務員さんに聞かれたくないな、と思いお茶がくるまで「いえいえ、ちょっと。」などとお茶を濁した。

事務員さんが失礼します、といいながらお茶を出して席に戻ったのを確認してから私は口を開いた。

「Nさん、勘違いしないで頂きたいのですが苦情とかじゃないんです。ただちょっと気になる事があって。」

というとNさんは少しだけ真面目な顔になった。
いや、ニコニコはしてたけど。
そんな風に見えた。

「私色々あって最近深夜に帰ることがありまして。それで今まで気づかなかったんですが下の階から深夜に音がするんですよ。」

Nさんの顔が強張る。

「注意喚起した方がいいですか?」

早速勘違いしてやがるww

「いやいや!騒音とかそういうのじゃないんですよ。多分自分の生活音で掻き消えるくらいの音なんです。静かになるとよく聞こえますけど。」

と少し早口になって説明した。

「いつもなら寝てるか、遊んでるかなんで気づかなかっただけみたいなんですが、最近気になって。」

と会話を切ってしまう。
よく考えたら苦情言いにきた訳でもないのに私何しにきたんだろうとか思い始めた頃Nさんが

「一応それとなくお話入れておきますね。」

と言うモノだから私も少し焦って

「大丈夫なんですかね?こういうのってトラブルになりそうで。私も気にならないですしこのままでもいいかなって。ここまで話しといてアレですけど...。」

と歯切れ悪く俯いてしまう。
Nさんはまたニコっとしながら

「任せてください!トラブルにならないように未然に防ぐのも管理会社の仕事なんで!」

と張り切っていた。
そういうのが空回りしなきゃいいな、と失礼ながら思いつつ私は「それじゃお願いします」と頭を下げた。
すっかりお茶は冷めていた。

「そういえば階下の方ってどんな方ですか?」

と唐突に私は切り出した。
やっぱプライバシーもあるし応えられませんよね、すいませんなんて笑っているとNさんが

「確かどろしぃさんと同じくらいの年齢の女性ですよ。お仕事は事務員さんだったような。」

と小声で応えた。
あ、この人内緒話出来ない人なんだなって少し思った。

「入居の時にうちに来た以来私は会ってないですけど。内見も手早かったですしひととなりが分かるほど話もしてませんがね。」

とここまで話して「お茶淹れ直しますね」と立ちあがろうとするNさんを制して、お茶を一気に煽った。

「お忙しいところありがとうございました。お茶、ご馳走様です」

といって席を立つ私を見送るNさん。
奥の事務員さんにも「ご馳走様です」と頭を下げて不動産屋を後にした。
帰り際、

「何かありましたらこちらからも連絡致します」

と頭を下げるNさんに私も一礼した。

少しだけスッキリした気がした。











まだ長くなりますので分けようと思います。
話としては序盤も良いところでまだなにも起こってませんが次回をお待ちいただければ!
またね!
Comments (4)

Corona Prominence

Tiamat (Gaia)

そうそう、どろしぃちゃんログインしてこないなぁとは思ってたの
それにしてま物音きになるね…。続きをまちます!

Shiina Shinapon

Yojimbo (Gaia)

ちょっと怖いんですが、気になります。

Dorothy Albright

Ultima (Gaia)

>>ころちゃん
ほんとはチャットで喋ろうかと思ったけど文字起こししたら結構な文章になったw
よかったよこっちで!
どろしぃ劇場はじまるところだったw
三部作になる予感!
今度でいいからころちゃんのすべらない話も聞きたいぜっ(*≧∀≦*)

Dorothy Albright

Ultima (Gaia)

>>しなぽんさん
あっ!しなぽんさんだ!閲覧、フォローもありがとうございます!
最初に注意書きしたのが恥ずかしくなるくらい文字起こししたら怖さというか不気味さみたいなのが激減してましてΣ(゚д゚lll)
でもその時感じた雰囲気とか心情は素直に書いていこうと思います。多分読んでる方も共感できる感情だと思うので!
一生懸命描くので是非楽しみにしといて下さい!
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying