Character

Character

Pom Friend

Piro Donald

Yojimbo (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 1

黒魔導士入門レベル1-50

Public
この記事は、黒魔導士をやってるけどスキル回しよくわかんない!って人向けです。
レベルは1-50まで
ジョブ専用HUDはノーマルの状態で説明します。
初心者向けのため移動スキルの解説はしません。

スキル回しだけ見られればいいという方↓

lv1-33

lv34-39

lv40-50



一番最初に伝えます。
黒魔導士において "一番大切" なこと、それは・・・


アストラルファイアアストラルブリザードを切らさないこと!

これはすべてのレベル帯で意識することです!
黒魔導士はこの二つのスタンスを維持して戦います。
この2つのスタンスは、ほかのジョブにはない面白い特性となっています。
すべてのジョブに違いがあるのは当たり前ですが・・・
毎回すべてのジョブのバランス調整をしている開発スタッフさんはすごいです。

//-----スタンス説明--------------------

アストラルファイアとは・・・

ファイア系の火属性魔法を使うと付与されるスタンスです。
この状態では、MPの自然回復が発生しなくなります。
アビリティやアイテムでのMP回復は可能です。
さらにファイア系の火属性魔法の消費MP量が増加、威力が強化されます。
威力の強化はアストラルファイアのスタック数に応じて違います。
※スタック数については後述。



アストラルブリザドとは・・・

ブリザド系の氷属性魔法を使うと付与されるスタンスです。
この状態では、MPの自然回復量が大幅に上がります
この自然回復量はアストラルブリザードのスタック数によって増加します。
しかし、スタック数が最大でも1度の自然回復でMPがMaxになることはありません。
威力は強化されません
※スタック数については後述。

アストラルファイアアストラルブリザードのスタックって?どこで見るの?

アストラルファイア
アストラルブリザードにはスタックが存在します。
同じ属性の魔法を使うとどんどんたまっていきます。
レベルによってスタック数の上限は決まっていますが、最大で”3”です。
次の画像はアストラルブリザードのスタックが3の状態のときです。


スタック数の見分け方は2つあります。
1つはジョブ専用HUDをみることです。
画像左上を見てください。
水色のクリスタルの数がスタック数になります。

2つ目は、自分のキャラクターの周りに出ているエフェクトの数です。
画像中央から少し右下にいる私のキャラクターの周りに、水色の玉が3つ並んでいます
これがスタック数になります。
この見分け方はおすすめしません。特に他人のエフェクトをすべて描画するように設定している方は、画面中エフェクトだらけになるので見にくいです。

ちなみに、同じ属性魔法を使えばスタックがたまると書きましたが、各スタンスの残り時間も最大まで延長されます。
アストラルブリザードアストラルファイアともに15秒です。

以上2つのスタンスについてでした。


//-----スキル回しについて----------------

ここで黒魔導士において大切な用語を2つ紹介します。

1つ目は”ドット(DamageOnTime略してdot)”です。
これは継続ダメージのことを指します。黒魔導士が覚えるサンダー系魔法の追加効果がそうです。

2つ目は”プロック(proc)”です。
これは、ある特定のアクション実行後、一定確率で付与される追加効果のことです。
これを駆使することで黒魔導士はなんと移動しながらでも攻撃できちゃいます!
高難易度コンテンツになればなるほどこれは必須テクニックとなります。
もっと詳しく知りたい方は自分で調べてみてください。

以下は各レベル帯のスキル回しと注意点です。


レベル1~33
黒魔導士ハローワールド!
dotとprocの大切さと基本スキル回しが載っています。

Click to showClick to hide


黒魔導士の基本を覚えるレベル帯です。

先にスキル回し(簡単バージョン)の画像を載せておきます。
簡単とは書きましたが、これはとりあえずスタンスの切り替えに慣れるということでもかなり重要なスキル回しです。
よりレベルが高く上位の魔法を使えるようになってもこの考え方は通用します。


このレベル帯では、”トランス”というアビリティを使用し2つのスタンスを切り替えて戦います。
<-- コレ


上のほうでスタンスの説明はしましたが、じゃあどうやって切り替えるのさ!ってなります。
このレベル帯でありがちなミスは、スタンスの切り替えです。
ここで間違った覚え方をすると後々の黒魔導士ライフが全く楽しくないものになります。
例えばアストラルファイアからアストラルブリザードに切り替えるにはどうしたらいいか。

アストラルファイアの状態のときにブリザドを使う??

いいえ、違います。
そんなことをすればスタンスが切れてしまい、どちらでもない状態になってしまいます。
答えは、トランスをポチっとすればOK!
それだけでスタンスが切り替わります。そう、iPhoneならね。
アストラルファイア のときに使えば アストラルブリザードに、
アストラルブリザード のときに使えば アストラルファイアに、

それぞれ切り替わります。いいね!
じゃあ切り替えるタイミングは??
それは上のスキル回し画像でもし示していますが、
アストラルブリザードのときは、MPが全回復したら
アストラルファイア のときは、MPが足りなくなったら

ちなみにアストラルブリザード状態のときにMP回復待ちするときは、スタック数を最大にして早くMaxまで回復できるようブリザドを連打するといいでしょう
ね?簡単でしょう。
あとは上で示したスキル回し画像のようにやればOK!
これはレベルが上がってより上位の魔法を覚えても同じ感じで切り替えます。
黒魔導士の基本のスキル回しなのです。

[Tips]範囲攻撃もしたい!!という方は・・・↓
Click to showClick to hide

レベル18で”ファイラ”を覚えますよね。
効果は対象とその周囲の敵に火属性範囲攻撃です。
これをスキル回し中のファイアと置き換えれば、範囲攻撃ができます。
レベル12で覚えるブリザラも同様です。

ただし注意してほしいのは、このレベル帯だとタンクの敵視管理が難しいということ。
特にこの世界に来たばかりの初心者タンクさんは敵視の管理なんてちんぷんかんぷん。
範囲攻撃なんてされたら自分に敵視が来て初心者タンクさん大慌て。
そこに合わせて初心者ヒーラーがいたら・・・・
あぁ!もう大変!
皆さん大慌てです。
タンクさんに若葉マークがついていたり、誰かが敵に順番のマーカーを付けていたら、単体攻撃をするよう心がけましょう。
これはタンク以外のどのロールでも同じです。
ちょっとしたことでも初心者さんはびっくりして周りのみんなに迷惑が掛かっていないか心配になってしまします。


さて、上のスキル回しでは簡単バージョンと言いました。
このレベル帯でも難しいスキル周りがあるのか・・・!ゴクリ

身構えなくても大丈夫。上のスキル回しに1つ増えるだけ。簡単!
ただし、ファイアスタートだったのがブリザラスタートになります。
そこだけ注意!


このスキル回しで覚えて欲しいのは2つ、dotとprocです。

ブリザラスタートからサンダーを使っていますね。(サンダーの文字を黄色にしたかったのですがとても見にくいのでオレンジにしました。)
サンダーのアクション説明を見てみてください。
効果は対象に雷属性魔法攻撃。
さらに追加効果で対象に雷属性の継続ダメージを付与する、とあります。用語で言うとdotを付与するんですね。
木人で使ってみるとわかるのですが、dotって継続ダメージの1回1回が他の攻撃アクションと比べると小さいんです。

え、弱くない・・・?
否、実は強いんです。確かに1回1回のダメージ量は少ないんです。
でも合計で見てみると・・・?
dotの効果時間によっては他の攻撃アクションより強いんです。
dotってすごい!
さらに!継続ダメージってことは付与すれば効果時間中は自動でダメージが入るわけですから、黒魔導士のような移動中ほとんど攻撃できないジョブにはとてもありがたいものなのです。
dotってすごい!(2回目

これは他のジョブでも同じです。dotはできるだけ使いましょう!

これでdotの大切さは理解できたと思います。
次はprocについてです。
ここで、レベル28で覚える特性「サンダー系魔法効果アップ」を見てください。


この特性でサンダー系魔法の継続ダメージがヒットした時に、一定の確率で次に詠唱するサンダー系魔法の消費MP量0、詠唱時間を無くし、かつヒット時にヒットダメージに加えて継続ダメージの総量を一度に与えることができます。

この継続ダメージがヒットした時に発生する効果がprocですね。

言葉ではわかりにくいのでその状態を画像で示します。
私はすでにレベル80ですのでサンダーではなく上位魔法のサンダガを使っています。


画面で見るとわかりやすいですね。
まずproc発生時にバフデバフのフライテキストで”サンダー系魔法効果アップ”と流れます。
そして自身のバフデバフ一覧にもそのアイコンが付きます。
さらに、ホットバー中のサンダガ、サンダジャのアイコンの周りに何やら変な点線が・・・
これがprocしている状態を示しているのです。
この状態でサンダー系魔法を使えばさっきの特性を発動して無詠唱消費MP0で強力な攻撃を繰り出すことができるのです
dotで移動中でもダメージが入ってすごいってなっているところに、さらにそこからprocすれば移動中にサンダー系魔法も打てちゃう!しかも強い!
これがprocの素晴らしいところ。

dotとproc、ぜひ使いこなしてください!

以上、レベル1-33のスキル回しでした。




レベル34-39
Piro Donaldはファイガを覚えた!

Click to showClick to hide

ここは短い期間ですが、それでも今後のスキル回しに重要になる魔法を覚えるので区切りました。

ここでスタンスの切り替え方が大きく変わります。

レベル34で、超重要な魔法であるファイガを覚えます。
ファイアの上位魔法ではありますが、ファイアとは置き換えられません。
効果を見てみましょう。

自身にアストラルブリザードが付与されている場合はこれを解除する/自身に最大スタック分アストラルファイアを付与する、とあります。

今まではスタンス切り替えに、ブリザドファイアを使わずに”トランス”を使っていました。
だって、ブリザドファイアを交互に使うとスタンス切れちゃいますから。

でもファイガを使えば・・・?

アストラルブリザードの状態のときに、ファイガを使ってみてください。

するとなんと、そのままアストラルファイアの状態に変化するではありませんか!おまけに最大スタック分も!
そう、トランスを挟む必要が無くなるんです。
今後はこの”ガ”系の上位魔法を使ってスタンスを切り替えていきます。
ちなみにレベル35で覚えるフリーズも同じような効果を持っています。
ただしこれは範囲攻撃魔法だという点に注意しましょう。

ファイガ、フリーズ。
この2つを使うとトランスを挟まずに攻撃しつつスタンスを切り替えることができました。

このレベル帯ではこれらをうまく使えるように練習するといいでしょう!


ではスキル回しは?

ファイガを覚えましたよね。
威力を見ると、ファイアより強いです。
でも消費MP量を見てください。
とてもとても多いです。1撃の強さはファイガ優勢ですが、消費MP量を考えるとアストラルファイア状態のときはファイアで攻撃したほうがよさそうです。

つまり・・・
”ガ”系の魔法は基本スタンスの切り替えにのみ使います。
ここがとても重要です。

もう一度言います。

”ガ”系の魔法はスタンスの切り替えに使う、です

えっ、じゃあサンダガは??って人↓
Click to showClick to hide

サンダー系魔法はただのdotを付与する魔法です。
上位の魔法を覚えれば下位の魔法は上位の魔法に上書きされます。
サンダー -> サンダガ
サンダラ -> サンダジャ


ホットバーにセットされているものも自動で切り替わります。


スキル回しの画像を載せておきます。

上が範囲攻撃したくないほう。このレベル帯だとアストラルファイアからアストラルブリザードに切り替える方法がトランスしかありません。

下は範囲攻撃したいほう。このレベル帯だとフリーズを使用してスタンスを切り替えます。

両方初期のスキル回しからトランスを置き換えただけなので難しくはありません。





レベル40-50
”ガ”マスター

Click to showClick to hide

ついにこの時が来ました。このレベル帯ではブリザガサンダガフレア を覚えます。

フレアはMPをすべて消費して放つマダンテ範囲攻撃です。
メインのスキル回しには使わないので最後のほうに使い方を書いておきます。

サンダガは問題ないですね。サンダーの上位魔法で、サンダーサンダガに置き換わります。
レベルシンクでレベルが下がらない限りサンダーを使うことはできなくなります。いままでありがとう。

じゃあブリザガは?

実はこれ、ファイガと全く同じ使い方をします。
そう、スタンスの更新です。
今まではできなかった単体攻撃でのスタンス切り替えができるようになります!
アストラルファイア->アストラルブリザードのようにです。
そしてアストラルブリザード状態でのMP回復待ちではブリザドでも打ってお茶を濁しておればいいでしょう。

さらにうれしいことがあります。
ブリザガと同時に覚える特性「アクションダメージ・回復量アップII」
効果はアストラルブリザードとアストラルファイアの最大スタック数が3に上がります。これが最大です。
さらにさらに、スタックが3の状態では対の属性の魔法詠唱時間が半減する
今までのスキル回しで感じていませんでしたか?
「なんかガ系の魔法って詠唱時間長いなぁ」って。
それもこの特性で解消されます。
MPの消費量も半減されるので、スタンス切り替え時のMP消費も抑えられます。
攻撃開始時の最初のブリザガだけは長くなってしまいますが、そのあとのスタンス切り替えはとても楽ちんです。

あと、ボス戦中に移動しなきゃいけないけどスタンスが切れちゃう!ってなったときは、”トランス”を使いましょう。”トランス”のリキャストは5秒、各スタンスの効果時間は15秒です。これならスタンスが切れてしまう前に反対のスタンスに切り替えることができるので、そこから再度攻撃を開始するとき出だしが楽になります。

スキル回しを載せておきます。


ほとんど変わりませんね。簡単です!

・・・

と言いたいところですが、まだほかにも大切なところがあります。

それは、レベル42で覚える特性「ファイア効果アップ」


ファイア
詠唱完了時に40%の確率で次に詠唱するファイガの詠唱時間と消費MP量を0にするとあります。(説明を見るとヒットしなくてもいいようですね。

なんと!あの詠唱時間長くて消費MPいっぱいのファイガがprocするととても簡単に打つことができてしまうんです!

運のいい人ならファイアを打つたびにprocしてファイガを打つことができるでしょう!
完全に運ですが、これまで消費MP量が多すぎて攻撃に使えなかったファイガが使えるようになり、火力も上がります!

ちなみにこれはファイアのみで、ブリザドには使えません。

最後にフレアです。
強力な範囲攻撃ですが、MPすべて消費というデメリットがあります。
ですのでこれを使う時は敵が4,5体以上いる時にのみ使いましょう。

でも、MPがMaxのときでないと使えないというわけでもありません。
残りMPが最大MPの1割あればフレアを打つことができます。
つまり1000MP残っていればいいということです。
スキル回しはこんな感じです。


あれ?懐かしいアイコンが・・・
そう、フレアを打った後はMPが0です・・・
つまりブリザガを使ったスタンス更新ができないのです。
ここはおとなしくトランスを使うしかありません。

でも、もっとレベルが上がればこの先4連無詠唱フレア!なんてこともできるので、黒魔導士の楽しいところはあるんですよ!
気になった方でまだ漆黒のヴィランズを買っていない方はぜひこの機会に!


以上、レベル40-50のスキル回し説明でした。
Comments (1)

Rizel Ambrosia

Yojimbo (Gaia)

すごい分かりやすい!ピロさん、説明上手!
読みながら、わかる!ああ、これね!ふんふん!と声出しながら読んでましたw
なんとなくの適当なスキル回しで70まで上げてしまったヤバイ扱いの黒だったんだけど
丁寧なスキル回ししてみようと思いました!
50~のも期待して待ってます!
ピロ師匠ありがとう~~~!!(*'ω'*)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying

Cookie Policy

This website uses cookies. If you do not wish us to set cookies on your device, please do not use the website. Please read the Square Enix cookies policy for more information. Your use of the website is also subject to the terms in the Square Enix website terms of use and privacy policy and by using the website you are accepting those terms. The Square Enix terms of use, privacy policy and cookies policy can also be found through links at the bottom of the page.