Character

Character

Kei Iek

Carbuncle (Elemental)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

勇気の物語の幕が一旦下りました。

Public
いけ!アマ公!!!

前回のモグコレで、欲しかったんですけど手に入れられなかった大神さん。

『大神』てゲームのアマテラスに見えるカラーのカムイが欲しかったので
他2種を交換するかは悩み中ですね。

髪型とかも欲しいかなってところ。




んで
竜騎士がレベル50になりました。
これでクリタワに出せたりします。フフフ。。。

たとえ竜騎士になろうと、槍の物語は「勇気の賛歌」って感じですね。

少し竜騎士のジョブクエの話になるので、念のため隠し隠し
Click to showClick to hide
急ーに!事が展開してくる竜騎士の物語。
現代における「蒼の竜騎士」であり、「竜の眼」をイシュガルドから盗み目下逃走中の
エスティニアンさん

彼のいうところによれば
だそうです。
「竜の眼」が盗まれた事に関係なく
ニーズヘッグは眠りから目覚めるようになっていたみたいです。
そして
眠りから覚めたニーズヘッグは自身の一部であった「竜の眼」を求めてイシュガルドを襲うだろう。

だからこそ、「竜の眼」を遠ざけ、
イシュガルドに被害を出しまいとしたのがエスティニアンの意図。
と、する一方、「竜の眼」に向かってくるのであれば、確実にニーズヘッグと対峙できる。
自身の復讐を為すためという思いが強い感じです。

「竜の眼」は、見初めた人間に対して竜に対抗しうる力を与えると同時に
竜と深く交感してしまうことで、竜側に心が持っていかれてしまう危険も孕むようです。

なので見初められた蒼の竜騎士は
竜と戦いながらも竜の眼からの甘い誘惑を跳ね除ける勇気がいるのです。
NO!と言う勇気!
ダメ絶対!


エスティニアンの師匠も
自虐的な語り方でしたが、自身の勇気に従って「竜の眼」を手放したのでしょう。


エスティニアンは復讐こそが全てあるようです。
刺し違えてでもニーズヘッグを討つという想い。

しかし、槍ギルドのイウェインさんは言っていました。
自分自らを危険に置く行為は勇気ではない

そして

結末として、こうなってしまいます。

エスティニアンの復讐の念は、イウェインにも向けられ、それを良しとしない
KEIさんとの一騎打ちとなります。
「竜の眼」は
このためにKEIさんを「もう一人の蒼の竜騎士」として見初めたんじゃないかという展開。
熱い。。。

敗れるエスティニアン。
しかし、そこに甘い囁きが。

果たしてエスティニアンは竜の眼に呑まれてしまったのか
あるいは、今も抗っているのか

フールクさんと同様に
非常にモヤモヤして終わります!!!

なんなのだぁ!槍ストーリーはいったい!!


せっかく、レベル50にして、それで終わりというのも面白くないので、
しばらくは竜騎士で冒険をしようかなと言うところですかねぇ。
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying