Character

Character

Palma Lyon

Zeromus (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Follow this character?

  • 0

立ち止まるのも大切でした

Public
メインキャラでツレとFCを作って半年以上が経ちました。
そんな中でふと思ったことを少し。

立ち上げて数ヶ月は活気に満ち溢れていました。おそらく自分たちもテンションを上げていたのもありましたし、みんなも気を使ってテンションを上げたりしていたからでしょう。
そうして半年も経つと初期から居てくれた人達は落ち着き、空気のようになりました。ここで言う空気というのは悪い意味ではなく、居てくれないと困る、居て当然の存在、決して自分の主張ばかりせず静かに、でも確かにみんなを見守ってくれている存在としての空気です。
正直、そんな古参のメンバーであるヴィエラっ子とオスラくんは自分にとってFF14を始めて初めて大好きになった人達で、頼りにもしているし、これからもずっと一緒に遊んでいきたい人達だと思っています。
古参でもそう思えない人も勿論いますが、それはそれです。
向こうは自分をどう思っているかなんてわかりませんがそれは自分にとってはどうでも良くて、ただ自分は嫌われていようが何だろうが二人を大切にしようと思ってます。

前に在籍していたFCで、一人のメンバーがメンバーに対して言っていました。

「僕たちはキミに気を使っているんじゃない、みんなキミと一緒に遊びたいだけだ」

一緒に遊びたいからこそ自分は気を使いますが、それでもこの言葉はFF14をプレイするにあたり大事にしています。
それに他人に対しての気の使い方と大切な人に対する気の使い方は勿論違います。
そもそも自分は好きな友達にほど気を使う性格なのでそこはもう治せません。どうでもいい人には逆にだんだん気を使わなくなりますので…。

こうやって思い返してみてみると自分にとって大切な人とそうでない人がハッキリと見えてくるんだなと思いました。
FCを立ち上げて二人で駆け抜けて来ましたが、ふと立ち止まったら横にはそういう人達が居てくれたと気が付きました。
自分達を助けてくれて、フォローしてくれて、力になってくれる仲間が居てくれたんだと。
始め、自分達二人でFCを引っ張っていたのが気が付いたら一緒に引っ張ってくれていました。その力強さにちょっと泣きそうにもなります。

勿論、はるか後方で我関せずの古参も居ますがそんなのどうでもいいです。そういう人は自分の都合のいい時だけメンバーを利用するような人達なので彼等に目を向けるヒマがあるのなら隣で頑張ってくれている彼等に目を向けたいと心から思います。

たかがゲームと思っていた時もありました。
でも確かにそこには人が居るんだなと、実感しています。

彼等もいつかFCを抜ける時が来るかもしれません。いつかログインしなくなって会えなくなるかもしれません。
いつそうなってもいいように、一日一日彼等を大切に想いたいと思います。
ヴィエラっ子とオスラくん、キミたちとこの広いエオルゼアで会えた私は本当に幸せ者だ。
ありがとう。



て、言いたかっただけのサブ日記です。
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying