Character

Character

Pione Muscat

Ixion (Mana)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

紅蓮篇突入

Public
アリゼーちゃんとの冒険がひと段落。
ようやくお待たせしていたアイメリク卿と会食をすることができた。


この辺りからが、蒼天篇も終盤。
紅蓮篇に向かってどんどん話が進んでいく。



しかし、このタイミングで出てくる闇戦は、紅蓮篇というよりももっと先の話に繋がっていたりするのだろうか?
(紅蓮まではプレイしているけれど、その後漆黒は全く情報を入れていないのであくまでも想像。)

ここで冒険者はこの世界のある重要な「秘密」を知り、更なる冒険の旅を続けることになる・・・はずなのだが、

でもまずは、目の前にある危機に立ち向かわないとなのだ。

そう、対「テイコク」だ。


ここの部分、何度通っても、何でギラバニアに行ってアラミゴ開放を手伝う羽目になるのかよく分からなくなるのだが、
まあ、テイコクはエオルゼアの敵だから、共通の敵っていうことで間違いは無い。




そして、久しぶりに足を踏み入れたギラバニアの地!
BGMが聴こえた途端に、たくさんの光景が頭の中に浮かび上がる。

何度でも言うけど、本当に音楽の力は偉大。

ドラヴァニア雲海に居たときなんかは、ストーリーはしばらく先に進めずにここでのんびりしてても良いなぁ・・なんて思ったりもしてたのに、
今はギラバニア辺境地帯のお花畑の中で、ずっと草刈りしていたい・・・そんな気分になっている。
(まだ園芸士Lv50にもなってないのでできないんだけどもw)


そう言えば、
ギャザクラの方はあまり手をつけずにおこうと思っていたのだけど、
思いがけず蒼天街復興事業でガンガンレベルが上がることに気づいてしまったので、
これも一気に上げて紅蓮に追い付くことは難しくなさそう。



ところで、紅蓮エリアの風脈は、
変更されて簡単になった蒼天エリアの風脈と比べると、少しだけ分かりにくい場所にある気がした。
ただ、これもひとつの「遊び」なのだと思えば、ちょっと探すぐらいが面白いと思うのよね。

この辺りの感じ方は人によりけりなんで、めんどくさくてやってられないって思う人が多かったから、簡単になったんだろうけど・・・

未開のマップの「秘密」を探すっていうのは、RPGの重要な楽しみのひとつだとやっぱり思う。
(あぁ・・年寄りくさいな・・私)




そんなこんな、
果たして漆黒篇に入れるのはいつになるのかしらね。











Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying