Character

Character

Lion Bell

Gungnir (Elemental)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Follow this character?

  • 0

美神ラクシュミを倒して先に進みました…。

Public
こんにちは、ライオンです!
この日記にはネタバレや根拠のない推察が記載されています。

ドマの解放が成され「帝国がびっくりしてる間にアラミゴもやっちゃおう!」ということで、急いでエオルゼアへ戻ることになりました。
ラールガーズリーチで大怪我したヤ・シュトラさんの容態も気になります。
しかし、リムサ・ロミンサに帰還した我々を出迎えたのは、快方にむかっていたヤ・シュトラさんを石の家へ移送する際、クルルさんが帝国軍に攫われたという報せでした。
アラミゴの解放も、クルルさんの奪還も、どちらにせよ帝国とぶつかる必要があります。ならば反乱だ。

先日攻めようと相談していたベロジナ大橋をちょちょいと取り戻し、辺境地帯の東側へ渡りました。
メ・ナーゴさんの地元がある地域なので、里帰りがてら様子を見に行ってみると、近所に住んでいるアナンタ族から「ちょっと揉めてるから助けて~」とヘルプが入っていました。
帝国兵がアナンタ族の娘を殺した結果、親が悲しみのあまり神を降ろしてしまい、別の派閥の人たちにまで神に従うように言ってくるから、非常に困っているのだそうです。
急いでクルルさんを救助したいのでお断りしたかったけど、アルフィノくんは蛮神と聞いてやる気満々。
気が進みませんが、美神ラクシュミを討伐することになってしまいました。

美神ラクシュミはさくっと討伐できました。
美神というだけあって中々の美人で、闇落ちした板野友美って感じのお顔立ちでした。
今回もFCとLSの方々にお手伝いいただきました!ありがとうございます!
コンテンツアクションの解説も助かりました!ありがとうございます!
地面に青い玉がでてきたらアクションを使う。忘れないようにします。
蛮神問題が片付き、辺境地帯はオールクリア。空も飛べるようになりました。
我々はその勢いに乗って、山岳地帯の南側へ軍を進めていきます。

蛮神を討滅している頃、ベロジナ大橋で戦った髑髏連隊のフォルドラは、ゼノスの前にいました。
負けちゃったので殺されるのかと思いきや「悪口言う奴ら全員ぶっ飛ばせる力めっちゃ欲しい!」って言ったら、ゼノスに気に入られてチャンスを貰えたみたいです。正直さは美徳です。
クルルさんはなにかの装置にいれられ、フォルドラは後天的に魔法を使う能力を付与する実験によって、超越者たる力を得たようでした。
つまり、危険度は高いけれど、帝国は超える力を付与できる技術をもっている…?
すっかりショッカーガレマール支部です。人体改造こわいっす。

アラギリから北上し、同盟軍は山岳地帯の中央に位置する帝国の拠点に攻め入ります。
戦闘中、湖畔地帯方面にある別拠点からの砲撃で敵味方の区別なく一網打尽にされてしまいました。
コンラッドさんは、髑髏連隊のアラミゴ人を説得した直後に被弾。
彼は視力を失いながらも、リセさんに後を任せて息を引き取りました。

コンラッドさんは自分が古い人間であることを自覚しており、進軍前のラールガーズリーチでは、既にリセさんに解放軍を託すことを考えていました。
次代の礎になるために命を賭けられる凄い人です。
だからこそ、解放軍のことだけでなく、帝国人として育ったアラミゴ人のことも気にかけることができていたんだと思います。組織のトップにふさわしい、器が大きな人でした。

コンラッドさんといい、ゴウセツさんといい、皆背中を押しながら逝ってしまうので、止まりたくても止まれなくて困ります。いい人から死んでいくシステム、どうにか刷新できないですかね…。
明日が休みで良かったです。お風呂入ったら続きをがんばります。
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying