Character

Character

A Dragon's Best Friend

Moco's Kitten

Fenrir (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Follow this character?

  • 0

playtime157日目 漆黒編メインクエ。最古にして最強の「蛮神」

Public
157日目。
ハイデリンとゾディアークについて結構物語の核心を突くストーリー。
そして、ミンフィリアが決断を迫られるお話。



先週実装された紅蓮編の自由探索、いいですねー
まだまだストーリー的に自由探索可能なところは少ないんですが
LB撃ち放題なので各ジョブのLB3みて楽しんでます。


なんかすごく無尽光に見える詩人LB3。
サ・バーンで飛んでくる鳥が心なしか罪喰いに見えてくる不思議。

アリゼーごっこ。
小さき星よ、砕け降り注げ!
プチメテオ! 

さて今日はがっつりメインストーリー。

◆最古にして最強の蛮神
Click to showClick to hide
IDでてちょろっと挟まった風に見せかけてすごい核心を突くムービー。

大罪喰いエロースを討滅し、夜を取り戻した一行。
このやり切った感満載のやさしいムービー・・・(*´ω`*)


特にこの後ウリエンジェさんのお尻ポンって叩いていくところとかね

一行はキタンナ神影洞の奥でロンカの時代よりも古い壁画を発見。



そこにちょうどよくやってくるエメトセルクさん

それじゃあ、私は帰る。
お前たちも、さっさと帰って次に進むことだな。

最近旦那氏がこんな感じではよ進めろ進めろと・・・・
エメトセルクの真似だろうか。


エメトセルクは壁画の内容に覚えがあるらしい。

世界が、原初世界と鏡像世界に分かたれたとき。
すべての命も14に分かたれ、
それぞれの世界で、別の存在として生まれ変わった


「むかしむかし」はだれもが知っていた話、人類共通でみた夢、だそうだ。


……世界が分かたれる前。
そこには栄えた文明があり、多くの命が生きていた。
しかし、理が乱れ、未曽有の災厄が発生。
文明は、命は、危機に立たされた。



その文明の人々は、祈りと犠牲によって、
星の新たな理を紡ぐもの……「星の意志」を生み出した。
名は、ゾディアーク。

それによって、災厄は鎮められた。

こうして災厄は過ぎたが、
ゾディアークという強大な力を巡って、人の意見は割れた。
それを封じるべきとする者によって、
枷となるもの………ハイデリンが生み出された。



ゾディアークとハイデリンは戦った。
結果は、ハイデリンの辛勝…。
ハイデリンが放った運身の一撃で世界は分かたれ、
ゾディアークもまた、分断されて封印された。



以上はゾディアーク側、アシエン側からの歴史の話。

今までハイデリンに従い、ハイデリンのために戦ってきた主人公と暁。
「星の意思」というワードはミンフィリアからも聞いたね。
新生編あたりでちょいちょい「聞いて・・・感じて・・・考えて・・・」してきたあのでっかいクリスタル。


ハイデリンの語る歴史はこんな感じ。
「太古の昔は光と闇がひとところにありました」
「闇が力を付けすぎてバランスを崩したため、星の海に放逐した」
「その時光と闇を裂いた影響で世界が14個に分裂してしまった」
「星の理(ことわり)を乱す闇を打ちはらうために、光のクリスタルをもって戦いなさい」
「オトートノカタキヲトルノデス」



なんだ、それすら気づいてなかったのか。
あれは、この星にもとよりいた神なんかじゃない。




かつての人によって創られた、星の意志。
お前たちにわかりやすいように言うとだな……

最古にして、最強の「蛮神」だ。

かつて分かたれる前の「完全な」人が召喚した蛮神ゾディアーク。
そのゾディアークを封じるため召喚された蛮神ハイデリン、というところでしょうか。


さて、そもそもなんでそんなことをアシエンたちが知っているのか?

やっと、ついに、それを問うか……。
私とは、アシエンとは何者か……。



ゾディアークを召喚せし者。
つまり、分かたれる以前の世界の人だよ。



私は、世界を……人を……真なる形に戻したいのさ。
当然の欲求だろう?


ハイデリンによって砕かれた世界。
ゾディアークの召喚者からすれば、ハイデリンは「星に巣くう病巣(ラハブレア談)」
霊災と世界統合は「分かたれたものを元に戻す」ための活動・・・

物語の「隠されてきた核心」に迫る話でした。
某三大電波ゲーみたいに最後で根底からひっくり返るくらいの話がきそうでちょっとわくわく。
ここまで10年くらい積み上げられてるストーリーですしね。


手を振って出ていくエメトセルク。
この動き。ほんと「エメトセルク」だなあって感じます。


◆ラケティカ大森林 完結編
Click to showClick to hide
ラケティカ大森林を守るロンカの民のストーリー。
ファノヴの里のこれからをめぐって、正反対の意見で揺れる双子ちゃん。

伝統を重んじるか、広く開かれた里にするか・・・
どこぞの双子ちゃんよろしくケンカしてましたが、
最後にはお互いの考え方を認め合い、無事分かり合うことができました。

こっちはお兄ちゃんが増えたようで何より

長らく閉ざされていたファノヴの里の交流、第一歩。
夜の民に接触を図ります。
うん、たぶん人選ミス。


今回もヴァラン君はホントいい子。

さすがに今回はおこでした

ラケティカの第三勢力、キタリ族も解放し候
・・・え、だいじょうぶ?
この穴から壁ジャンプでランジート将軍出てきたりしない?



さてメインシナリオの方。
ラケティカ大森林に潜む大罪喰い、エロースを討滅したヒカセン一行。
ラケティカ大森林に夜の闇が戻ります。
夜の民が祈り続けた、「天の暗き海」。


そして夜の民の指導者であったヤ・シュトラもといマトーヤは
現代の「闇の戦士」として次の地へ赴くことに・・・


「夜の民」の祈りは、誰かを奉るものじゃない。
過ぎていった人が紡ぎ、あなたたちが繋げていく、
命のための願いと知恵よ。

そして、私もまた、彼らとともに……。
それが魔女マトーヤの、本当の役目なのだから。




この闇を取り戻したことで、「闇の戦士」への感謝を告げられます。


最後にアルバートが微笑んでくれてよかった。


大罪喰い討伐後恒例の自宅でリテイナーさん()と会話。
大罪喰いのはなつ光は、やはり相殺ではなくヒカセンにため込まれているらしい。
「あふれたらどうしよう」
さすがお人好しなアルバートさん

そんなアルバートさん、「光の加護」が「ハイデリンのテンパード化」ではないかと気づいてしまいます。


俺たち「光の加護護を受けし者」は、
ハイデリンのテンパードみたいなものなのか……?



!  アルバートさんネタバレまだ早いです!



◆毎度ムービーが嫌な天気でごめんなさい
Click to showClick to hide
ところ変わって原初世界のガレマルド。
6.0でほんとどうしたってくらいボロッカスに壊されてるガレマルド。



時期的にはギムリトダークの前線でヒカセンが戦った後膠着状態になり、
大規模衝突は少なめという感じ。

第八霊災引き金となる「黒薔薇」の投入にむかって、歴史が動いていきます。


ゼノス(アシエン)に加えて、「???(ゼノス)」の概念に気づくガイウスサマー
このへんの絶対向き合って会話しないとことかこのペア結構好き。
←ちょっと前のムービー。兄さんとガイウスサマーが手を組む話。


さて第一世界で一眠りして起きると、なんか不穏なBGM。
まさかのレイクランドに罪喰いが攻めてきたそうです。

うおぉー都市内爆走は任せろーバリバリ
マウント禁止MAPで踊り子さんの移動能力最強説
プロトン+スプリント+アン・アヴァン3連打はアツイ


・・・まあ起動装置はそっち方面じゃないんだけどな!

というわけでどっかでみた防壁起動。
そういえばこれもアラグの機構でした。

当然暁メンバーたちが罪喰い絶対滅ぼすマンとして応戦します。

まったく、嫌な天気になってきたわね……!

すみませんすみませんなぜか私のムービーだいたい天気悪いんです
ここたぶん強制雷雨なんだと思いたい。

なにげに漆黒編の暁メンバー揃うとさまになりますね
若干迷ったけどアリゼーにクロポジ渡すしかなかった。深刻な暁のメレー不足

アムダプール級の上位罪喰いまでわらわら湧いている始末。
アリゼーの大技発動。おらに元気をry


((;゚Д゚))これ剣気解放・・・・

えっこれ赤魔道士6.0実装技ですかね


ミンフィリアのピンチに颯爽と駆けつけるサンクレッド。カコイイ


一方こっちはリテイnアルバートさん

亡霊となった今、声も届かず戦うこともできず。
なぜ自分だけ残ったのだろうか・・・?



少なくない犠牲を出しながらも、ヒカセンによって勝利をおさめました。
踊り子の圧倒的強者感



罪喰いにやられたことで負傷兵がまた罪喰い化して・・・・旅立ちの宿に・・・・
これは悲しい(´;ω;`)



◆廃都ナバスアレンへ(アム・アレーン西側解放)
Click to showClick to hide
実は昔旦那氏に連れてってもらってエーテライトだけは開けてあったアム・アレーン西側。
正規ルートで入ります


戦いはクリスタリウムの勝利。しかし少なくない犠牲が出ました。
これに対し、わざわざ気球を飛ばして悪態ついてくるヴァウスリー。

罪喰いに抗うのは愚かなこと・・・
ヴァウスリーの配下につけば安泰・・・

そんな言葉を聞いてもなお、罪喰いに、光に抗い続けようとしてくれた兵士がいました。

生きてるうちに、本当の空が見られてよかった……
俺たちの生きてる世界は、とても縞麗だった……と。
さっきの、ヴァウスリーからの宣告も聞いたけれど……
その言葉のとおり、馬鹿な抗いなのかもしれないけれど、
それでも……ッ!
諦めないで……悔いないでくださいと……
公にお伝えください……。


(´;ω;`)イイハナシダナー

フィリア・ティターニア・エロースを討滅し、残る大罪喰いは1体。
残りの1体について討滅計画を練るため、水晶公のもとに集まります。

呼ばれてないけどちゃんと来るエメトセルク。

残り一体の大罪喰いについては、居場所がさっぱり分からない。
無尽光の状況的にはコルシア島とアム・アレーンなのだが・・・。


ここでミンフィリアが、「本物の」光の巫女ミンフィリアなら、
大罪喰いの場所も能力でわかるのでは・・・と。
つまり、原初世界の「ミンフィリア」の力を使おう、ということらしい。


当然そっちのミンフィリアはサンクレッドにとって最大のタブー。


なにより、原初ミンフィリアの力を得る、ということは・・・・

「光の巫女」は、まだそいつの中で眠っている。
すべての力を引き出すには、
完全な一体化を果たさなければならない……。


結果、残ることができるのは、
本来の「光の巫女」の人格か、肉体を提供している者の人格か、
ふたつにひとつ……というところだろう?


以前原初ミンフィリアが話していた、
「心ごと成り代わってすべての運命を引き受ける」
「転生のために残していた力も含めて全ての力を与えて、原初ミンフィリアが消滅する」
どちらを選んでも苦しい二択。

選ばざるを得ないところに来てしまったようです。

改めてエメトセルクに突っ込まれて不機嫌になるサンクレッド。

この二人の言い合いが非常に保護者ポジションでなんか・・・
親御さんと学校の先生みたいです。はい。
どうやらサンクレッドがその辺、ことにミンフィリアについてずっと黙っているのも
彼なりのやさしさがあるようです。


そんなわけで、光の巫女を呼び覚ますため、アム・アレーン南端、
「光の氾濫」を原初ミンフィリアが抑えた、
廃都ナバスアレンを目指すことになりました。


今回は西側ルートで向かいます!やったぜ!


◆おまけ 本日のエメトセルクさん
Click to showClick to hide
マダレムジエンよりも広辞苑しているエメトセルクさんがいろいろしゃべってくれるシリーズ

いったいどうした……。
とっととアム·アレーンに行って、
本物の「光の巫女」でもなんでも、呼び覚ましてこい。

それとも……光を追い求めるにあたって、
闇の異形者たる私に聞いておきたいことでも?


それは非常にごもっともなのですが、今回はこちら。
「ゾディアークとの関係について」


現代の人は、神降ろしをしたり、
蛮神のエネルギーを身に受けることで、
強制的な同調……テンパード状態になるだろう?
実のところ、私たちにも、同じことは起きている。
精神への干渉こそ、いくらかは防げるが、
あれほどの存在を顕現させれば、どうしても引っ張られるのさ。
結果、アシエンはゾディアークの有するカ……
「闇」とも呼ばれる、活性と激化のカに寄った存在に、
ならざるを得なかったわけだ。
そんな我々の、たゆまぬ活動のせいもあってか、
闇と悪を同義に語る者も少なくない……
が、それは実に無知で愚かな判断だと言えるだろう。
あの洞窟でも言っただろう。
私たちオリジナルのアシエンは、わかたれる前の世界の「人」だ。
そしてゾディアークは、私たちに創られた存在である、とな。



……以上、こんなところでサラリと大事な話をする、
私、アシエン·エメトセルクなのだった……。
いや、だって最初にきちんと宣言しただろう?
聞く耳を持てば、真実を語ろう………と。
ならば、こうしてわざわざ問いかけにきたお前にこそ、
語られる事実があるべきだ。


ちなみに「聞きたいことはない」を選択すると

ほほう、自意識過剰だ引っ込んでろ……ということか。
いいだろう、今回はちょうど、
昼寝でもしながら留守を任されようと思っていたところだ。


・・・そこまで言ってないですよ(´・ω・`)



なかなかいい感じにメインストーリーが深くなってきました。
伏線を回収しに来てる感じがすごいです。


それではまたあした!
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying