Character

Character

Grandmaster of the Land

Shinsotsu Worker

Ridill (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

日報_20200929_ダルタンクール家の没落

Public

ハウケタ御用邸のエントランス
シャンデリアの光を浴びる者はいない



各位


お疲れ様です。
新卒社会人です。

先日の活動映像記録はこちらになりますのでご査収ください。

エオルゼア各地から「仮面をつけた黒衣の人物」の目撃情報が報告され、
各地を転々とするうちに黒衣森は北部森林の水上に浮かぶ町『フォールゴウド』に辿り着きました。

・フォールゴウド
  自然を切り開くことなく居住するため、
  秋瓜湖という湖上に建設された交通の要所。
  クルザスへの険しい旅路を控える商人や冒険者が英気を養う。


フォールゴウドでは連続猟奇殺人事件が発生しており、
その背後には黒衣の仮面がいると噂されていました。
証言を集約すると

「顔面を切り裂かれた女性の遺体が立て続けに発見され、現場近くでは目玉の怪物が目撃される」

というもので、被害者の特定ができず事件の捜査は膠着していました。
早速現地で働く山師たちの目撃証言をもとに調査を進めるうち、『目玉の怪物』と遭遇。
妖異と思しきモンスターを退治すると、新たに顔面を無残に切り裂かれた女性の遺体を発見しました。
遺体をフォールゴウドの双蛇党詰め所に引き渡して検証を依頼したところ、
白百合をあしらった飾りボタンを所持していることがわかりました。
白百合はグリダニアに馴染みのある花であるため特定は難航しました。
双蛇党の情報網には該当する情報が得られなかったため冒険者ギルドを通じて調査したところ、
グリダニア都市内で同様のボタンを身に着けた人物の目撃情報を得ました。

白百合のボタンに過剰な反応を示したウルサンデル氏は、元々ダルタンクール家に仕える執事でした。
ダルタンクール家とはフォレスター族の名門一家で、グリダニアきっての名門貴族でした。
白百合紋を好んで使用したようです。
彼は本件の真相について以下のように語りました。

ダルタンクール家の現当主アマンディヌ氏は美貌の持ち主であり聡明だったが、
第七霊災にて顔面に深手を負い、屋敷に引きこもるようになってしまう。
その時、怪しげな仮面の男たちが現れ、傷を治す儀式の方法を伝授した。
アマンディヌの性格は徐々に変化し、儀式は日を増すごとに過激になった。
使用人は責め苛まれ、美しいメイドは拷問され無残に殺害された。
死体の遺棄を命じられた際に屋敷を脱出した。

事の真相を知るため、主の奇行を止めるため、
ウルサンデル氏はダルタンクール家の屋敷の調査を依頼してきました。
そして訪れたのは中央森林はハウケタ御用邸。
元々は歴代の幻術皇の住まいだった屋敷は「贅沢すぎる」という理由で手放され、
それをダルタンクール家が買い取ったそうです。

広大な敷地面積を有し壮麗な装飾をあしらったお屋敷でしたが、
庭内や屋敷の内部には妖異が跋扈していました。
御用邸を制圧するため、
急ごしらえではありましたが冒険者小隊を組織してアマンディヌ氏の捜索を開始しました。

邸内では妖異と化したかつての使用人たちが襲い掛かってきました。
地下牢には無残な亡骸が大量に放置されており、生存者は1人も発見することができませんでした。
2階の白百合の間で妖異化したアマンディヌ氏と遭遇し討伐しました。

御用邸内に生存者がいないことを確認し撤収準備をしていると、
"十二杖のアシエン"と"十二剣のアシエン"を名乗る黒い仮面をつけた黒衣の男たちが出現し、
我々暁の血盟に宣戦布告してきました。
また、彼らはアマンディヌ氏の執念を利用して危険な儀式方法を伝授し、
ダルタンクール家の没落を見事に成功させた張本人であると自白しました。
確保を試みましたが未知の転送魔術によって取り逃がしてしまいました。

彼らは天使いアシエンと自称し、
「星が真の姿を取り戻すために闇によって光を払う存在」だと供述していました。
発現の意味や意図については現段階で理解不能であり、継続して調査しています。


撤収後、ハウケタ御用邸内での出来事をウルサンデル氏に報告し双蛇党への出頭を促しました。
また、暁の血盟本部に戻り事の顛末をミンフィリア氏と共有しました。

今回の調査でアシエンたちの尻尾を掴むまでは至りませんでしたが、
エオルゼア各地で人々をたぶらかし、戦乱の種を蒔いていることが確実となりました。
ラノシア地方にて火急の蛮神問題が発生したため本格調査は一度保留することになりましたが、
暁の血盟の基本理念である「エオルゼアの救済」に明確に敵対する集団として、
今後も情報収集と動向調査を継続することで認識を一致させました。

火急の蛮神問題については別途情報連携致します。
以上、よろしくお願い致します。



ハウケタ御用邸エントランスにて
御用邸開放作戦に参加したベテラン冒険者たちとの記念写真
事は急を要したため現地で冒険者を募ることになり、
今まで以上に急ごしらえの部隊ではあったが見事に任務を達成した
熟練冒険者たちの技術に脱帽である
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying