Character

Character

Grandmaster of the Land

Shinsotsu Worker

Ridill (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

日報_20200919_キャンプ・ドライボーン及び聖アダマ・ランダマ教会調査まとめ

Public

"日差しが強く干からび、やがて骨になる"
ことから「キャンプ・ドライボーン」と名付けられたこの街は
常に生と死と隣り合わせている



各位


お疲れ様です。
新卒社会人です。

これまでは黒衣森の風土や文化を調査してまいりましたが、
冒険者としての地位が上がり各国に足を運べるようになったので、
今後は訪れた土地の様子を情報連携してまいります。
その第1弾として先日訪れたキャンプ・ドライボーンについての調査結果をまとめます。

東ザナラーンの西部にある窪地を利用して築かれたキャンプ・ドライボーンには
ウル・ダハと同様大量の流民が散見されました。
街の南東には蛮族「アマルジャ族」の集落があり、
交通客を襲っては物品や人々を攫って行く事件が多発しています。
しかし、危険と隣り合わせでありながらこの街は人の往来が途絶えない活気のある街です。

東ザナラーンも例にもれず砂漠地帯であり特産品などはありませんが、
東北には黒衣森の南部森林があり交通の要所となっています。
また商人の他にキャンプ・ドライボーンに隣接した聖アダマ・ランダマ教会や
その周辺に広がる墓石へのお墓参りに訪れる方が後を絶ちません。

5年前の大戦での戦没者や霊災の被害によってウル・ダハ内部の墓穴は埋まり、
聖アダマ・ランダマ教会の周辺に急遽埋葬場所が増設されました。
その為5年前に亡くなった方々の親族は危険を承知で教会前の園墓まで足を運ぶのです。
その道中蛮族に襲われて命を落とす者も多く、
ミイラ取りよろしく園墓への片道切符となる旅路となることが少なくない様子です。

聖アダマ・ランダマ教会はザル神を祀る教会で、
現在は運ばれてくる亡骸の埋葬をしながら流民へ神の教えを説く活動をしています。
ドライボーンの人々にとっても流民は悩みの種であり、
受け入れることは容易ではなく流民の大半は郊外のオアシスで水を得ています。
そんな彼らすべてを救うことはできませんが、
心の癒しを担えればという思いで教会の人々は活動して回っているようです。

いつの時代にもどのような場所にも、人々の善意に付け入る悪人が現れるものです。
教会の人間に扮した悪人が人々を攫い、アマルジャ族へ売り渡すという事件が発生していました。
限界を迎えている流民は教祖を信じるしかなく、
また街の人々からすれば流民が減るため創作する意欲すら見せず、
この事実が更に住民と流民の溝を深めていました。

キャンプ・ドライボーンを取り巻く環境は悪く、
進んで足を運ぶ者、仕方なく商いの経路に含めている商人、
家族に会いにゆく者から遺体を運ぶ依頼を受けた冒険者まで、
思い思いの人間が行き交う街でした。
この地に売り込める者は労働力以外は少ないと思われますが、
現地の生活水準の参考になれば幸いです。

以上、よろしくお願い致します。



砂漠の夜は良く冷える
生死の入り乱れる街の灯りも、
外から見れば等しく暖かいものだ
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying