Character

Character

Qlainne Oswell

Pandaemonium (Mana)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 4

ダン・スカー遊記  第七話「アライアンスレイド」

Public
アライアンスレイドの存在感が無いのは何故だろう。

否。
決して存在感が無いわけでは無い。
「MTがスタンスを付けない」だの「ムービーを待たない」だの「暴言を吐かれた」だの「走っていたら終わる」だの。

そういう話題は尽きない。

「アライアンスレイドの楽しさって何だろう。」


PT募集に参加して下さった方とアライアンスレイドについて色々と話しました。
その方は元々アラルレが好きで良くアラルレを回している方の様でしたが、どうも最近のアラルレは、かつての姿と様子が違ってきているらしいのです。

「クリタワ関連のアラしか出ない」らしいのです。

私はアラルレをほとんど回したことが無かったので、最近のアラルレ事情については非常に疎いです。
しかしアラルレを好んで回す方にとっては「クリタワ関連しか出ないアラルレ」が面白くなくなっているらしいのです。
そもそも「クリタワ関連しか出ない」と言う事は、つまり「クリタワ関連しか出ないようにしている」と言い換えられるらしく、その方法についての詳細は省きますが、アラルレを必要としている多くのプレイヤー(?)が「アライアンスレイドを楽しみたい」と思う人よりも「アライアンスレイドを早く周りたい」と思う人の方が多い為に起きている現象と言えるらしいのです。

アライアンスレイドの周回については、何の知識も無い私がここで語る資格があるとも思えないので省きますが、少なくともアライアンスレイドを出来るだけ多く速く周回したい人達にとっては「クリタワ関連」のアライアンスレイドの方が時間を掛けずに速く終わらせるのに都合が良いようです。

つまり「アライアンスレイドを純粋に攻略して楽しみたい層にとって、現在のアラルレは完全にその趣旨(24人PTやそのギミックを楽しむ事)から逸脱してしまった感じが見受けられるのです。

「ダンスカーがシャキらない。」

先日のPT募集に参加して下さった方の言葉を思い出します。
どうやらアラルレのシャキらない問題はダンスカーだけではないようで、昨夜の会話では「オーボンヌもシャキらない」そうです。
そもそも私は「オーボンヌ」についてはその名前しか知っておらず、オーボンヌがアライアンスレイドだった事を知ったのも昨夜の会話が初めてだったりします。
「私が知っているぐらいだから、オーボンヌも面白いダンジョンなんじゃないの?」
私は素朴な疑問を抱いた訳ですが、オーボンヌ云々よりもなんせクリタワしかアラルレが当たらないのでアラルレが機能していないとの事でした。

私はバハやアレキ下限を体験した事がきっかけで高難易度コンテンツに魅せられた人間となりました。(そのコンタクトの取り方は世間一般の方法とは若干ズレていますが...。)
そんな私と同じようにアライアンスレイドに魅せられたプレイヤーも確かに存在している訳ですが、そのアライアンスレイドが度重なる仕様(?)の変更により、当初の理想からかけ離れたコンテンツになってしまった現実を聞くとやるせない気持ちになってしまいます。

私が挑戦したバハ下限が正に理想とする形でのコンテンツとして残っていた反面アライアンスレイドは当初の理想とはかけ離れたコンテンツに変わってしまった事への虚しさ。

アライアンスレイドは何処に行こうとしているのだろう。
アライアンスレイドはどのように変わっていけばいいのだろう。


今回の募集も人数は集まらず解散となってしまいしたが、アライアンスレイドを愛してやまない方と会話をしていく内に「ダンスカー下限はやっぱり野良募集で出発させる価値があるのでは?」と思わずにはいられませんでした。
そして何よりアライアンスレイドの実情をほんの少しだけでも知ることが出来たPT募集となったのでした。


「本来のアライアンスレイドの楽しさって"全滅"にあると思うんですよね。」


(第五回PT募集終了)



Comments (4)

Tono Japonism

Leviathan (Primal)

ルーレットには「マッチングしない過疎コンテンツにプレイヤーを回す=初心者の救済」というお題目がありますが、実際は早く終わらせたいベテランが報酬目当てで…という話ですね💦IDでもメンターが急ぐ結果、嫌な思いをする初心者さんも多いようです。

条件を満たせば誰でもOKなのがコンテンツファインダーだしルール上は問題ないのですが…運営側でもわかっているとは思いますが、これもFF14の闇の一面ですね💦

なかなか集まらないようですね💦募集の内容を変えて「〇月〇日〇時から下限~」みたいな告知もありかも?パッチ6.0でDC間移動ができるようなのでそれまでに集まらなかったらタンクかDPSで参加可能です!w

Marie Stringer

Alexander (Gaia)

「結果」か「過程」か…・・突き詰めると、このどちらを求めるかということだろうと思います!

コンテンツ実装直後は、クリアするということ事態が報酬となり得ますが、クリアすることが当たり前になってしまうと、どうしても飽きが生じますし、そこに新たなクリア報酬が追加された結果、それをいかに効率よく手に入れるかに注力されるようになる……というのが現状です。

もちろん、何度やっても過程を楽しみたいという方もいますし、当然、初挑戦という方もいるわけで、様々な方が一緒に遊ぶ可能性がある以上、お互いに配慮が必要だと思いますが……時流といいますか、多数決といいますか、赤信号もみんなで渡れば恐くないとでもいいますか、そんな現実を前に、一抹の寂しさを感じる今日この頃です!

アライアンスレイドの難しいところは、歯応えのある難易度と同時に、誰でもクリアできるというラインは守らないといけないことで、結果として、実装からしばらく経っても全滅が珍しくなかったオーボンヌは、ギミックが改修され、突入時点で超える力が付与されるなど、大幅に緩和されており、誰もが楽しめるコンテンツというものの難しさを感じずにはいられません!

Qlainne Oswell

Pandaemonium (Mana)

トノさん
コメント有難うございます!

私はコンテンツファインダーやルーレット等は大変有効で面白いシステムだと思ってます。
そのシステムも時間経過と共に環境が変化してしまい、それ自体が時代にそぐわなくなってしまうのも止む終えない事と理解出来ますが、一抹の寂しさを覚えるのもまた事実です。
過疎ってしまったダンジョンやコンテンツをどうするべきかは本当に難しい問題ではありますね。

そんな過疎った(?)ダンスカー下限でも角度を変えて向き合うと案外まだまだ楽しみ方もあるのかな?と思って募集を続けている訳です。
ですがパッチ6.0まで果たして募集を続けるのかは神のみぞ知るですね!(出来たらそれまでに出発したいですが…。)

Qlainne Oswell

Pandaemonium (Mana)

マリィさん
コメント有難うございます!

オーボンヌにはそんな事情があったのですね。
知りませんでした。
難易度とクリアラインの話は確かに難しい問題ですね。
8人コンテンツだと超絶難しいコンテンツでも何とか集まっている現状がある中で、24人ともなると様々な思惑でこんがらがってしまい、収集がつかなくなってしまう可能性があると言う訳ですね。
私が想像するに、そのカオスになる可能性のあるPTも何かをきっかけにして全く別のPTになる可能性が秘められているのではないかと考えているのですが、中々現実はそう甘くないですね。
と言いつつも、この「きっかけ」こそが唯一無二のアライアンスレイドになり得る可能性になるのではと夢見ている訳であります!
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying