Character

Character

Keipy Heartok

Ridill (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

ごめんなさい

Public
自分への戒めのため筆をとります。

今日、零式エデン2層を消化しました。


私はわかっていなかったのです。週報酬が2層からやってしまうと1層のやつは貰えなくなることに。

パーティ募集で人気のレンジ枠。早めに入らないと埋まってしまうので、タンク一人しかいないパーティ募集をみてすぐに転がり込みました。50分くらい待って午後7時ごろ、母に「晩ご飯出来たよー」と呼ばれリビングに。とりあえず前菜だけ食べて、メインディッシュに移ろうとしました。「急いで食べれば間に合うか」と思っていたのです。でもやっぱり頭のどこかで気になって。直後襲われた悪い予感に従って画面を見に行ったら、なんとすでに満員、かつレディチェも終わってて。

ああっもうあああああああっ!!
ひとまず返事とごめんなさいして母に「ごめん無理!!!」といい、急いで突入……



今度は聞こえたシャキーン!という音。ここで初めて気がつきました。
『1層の分の報酬貰えなくなるけどええの?』っていうメッセージが出てきて、       えっ
って。


でもパーティ募集で入ってしまった手間、もう抜けられない。抜けてしまったら私と同じく何十分も待ってきた他のパーティメンバーさんの時間が台無しになってしまう。なんなら母にも迷惑をかけている。

戦闘中、心がぐちゃぐちゃでした。そして心をもっとかき混ぜるようなディレイスペルの攻撃。はやく終われ……ってか私D4だやばい……初めてだ……。

もやもやが止まらないまま吹き飛ばしの腕が出現。アームズレングスは落ちた瞬間発動しました。

ヒラさんに起こしてもらって、復讐の連続剣。最後避ける時中央にいたため死亡。私は明らかに異常だった。

極め付けは混沌の連続剣の途中に復活して、侍さんを巻き込んで殺してしまったところ。

このときの感情を文字に起こすにはとても語彙力が足りない。悲しい……?いや違う。申し訳ない……?それもある。だけどなにか、もうどうにでもなれという虚無感とどうしようもない怒りが混じり合ったような。そんな感情。



画面のポツンと端っこで倒れている私。帰還後、1層のコンテンツファインダーを見て絶望した僕。
この景色は絶対に忘れない。
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying

Cookie Policy

This website uses cookies. If you do not wish us to set cookies on your device, please do not use the website. Please read the Square Enix cookies policy for more information. Your use of the website is also subject to the terms in the Square Enix website terms of use and privacy policy and by using the website you are accepting those terms. The Square Enix terms of use, privacy policy and cookies policy can also be found through links at the bottom of the page.