Character

Character

Sayaka Kuzuha

Anima (Mana)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 5

タンクをはじめよう

Public
わたしたちがな!

極ルビ、極ティタに零式1層〜の練習部屋共通して
タンク不足が深刻。DPSで入らせて貰う側としては
1人でもタンクが入ってる部屋、タンクが埋まってる
部屋を狙って入るほど、残りタンクが2人入るだけ!
という状態が続いてる。
それならば「俺自身がタンクになる事だ」
という発想の元、DPS二人組タンクになろう!計画

忍者の自分はジョブストーリー見たさに暗黒80
あとなんかかっこいいという理由でナイト72
とろろ(相方)は最初からレベルが高かった、あと
どうせするならかっこいいのをという発想で
ガンブレ75、ダブルタンクを始めるにはまだ少し
足りない、しかしスイッチを理解し練習するなら
今の時期から始めるのは悪くないかもしれない!

というわけでfateを適当に潰しながらそこで
スイッチ練習をやりつつ、動画や日記から情報を
拾ってくスタイルを取ろうと思います。
装備は…2人ともフルミーンに秘伝書8コンプ済み
忍者や機工の新式も一部作ったりしてるので
作れなくもないけど問題はマテリア。メガの方。
エクスの方はまふぁ星形の在庫があるけど多面の
ストック切れたのでメガマテが無い、そして高い
そんな時まとめサイト見るとエデンノーマル装備は
禁断出来なくても素のサブステが良いという情報を
鵜呑みにノーマルもこなしつつ装備を集めよう計画

あとはこの場を借りてタンク経験者様にご教授頂ければといくつか質問させてください。


①MTが死んだ!STが引き継ぐぞ!
 MTの衰弱が消えるまでSTが維持?起き上がって
 すぐにMTは衰弱付いたまま敵視取る?

②スイッチ必須の攻撃詠唱中にスイッチ!
 詠唱開始時と敵視変わってもMTに攻撃が行くの?
 2段攻撃なんかの2回目がSTに来るという発想で
 ok?

③スイッチ成功!STが場所変わって引き継ぐぞ!
 MTはいつ敵視を取り返すの?次のスイッチ必須
 攻撃までSTが温存?デバフ付いたのが消えるまで?

④スイッチしたぞ!さぁスタンスを
 切ったほうが安定する?ヘイト2位攻撃ある敵は
 スタンス切らずに、かつ1位にはならないように
 殴るの調整?スタンス切った後はヘイトって3位
 以下になりやすいの??

なんか他にも聞きたい事あった気もするけど
とりあえず極ルビや共鳴1層〜4層を対象でDPSから
タンクに生まれ変わる人宛に何かアドバイスあれば
お願いします!
Comments (5)

Yacchi Moka

Mandragora (Mana)

こんにちは!タンク挑戦素晴らしいと思います。記事を読んでいて、そういえば自分がタンク始めるキッカケになったのも、極青龍のタンク不足からだったな…と思い出しました。

ST側からの視点のみで恐縮ですが、
①MTさん次第です((
大体は、起き上がって直ぐに挑発してくれる事が多い印象です。

②攻撃詠唱が始まった瞬間にターゲットは確定(MT)しています。
詠唱中に敵視1位が変わった場合、2段攻撃の2撃目は変更先(ST)が受けます。

③MTさんにより様々ですが、次のスイッチタイミングまで維持することが多いです。

④シャークをすることで安定するので、大体のケースではスタンスONのままでも問題ありません。
ただし、リキャ中でシャークが出来ないタイミングでのスイッチは、スタンスoffで乗り切ります。
通常であればMTとSTがガッツリヘイトを持っている状態なので、スタンスをoffにしても即座にヘイト3位以下になることは滅多にありません。

(MTが開幕に落ちてSTが引き継ぎ、復帰後うっかりシャークをした結果、STがヘイト3位になり大惨事を起こした経験はあります…)

良いタンクライフを!

Mike Lambela

Atomos (Elemental)

Nエデンと新式のサブステは同値ですよ? 誰かがうっかりNQ(=失敗作)と比較してるとかなだけなんじゃないでしょうか…。素ステが同格なので、禁断で上乗せできる分新式のほうが基本的に強いです。例えばタンク胴のように、新式側に弱い素ステがついてる部位だと例外的に逆転もないとは言えませんが。

1.
衰弱は火力が減るだけなので、すぐMTに復帰しても問題はないです。しかしどこで復帰するかの意思統一が難しかったり、敵とタイミングによってはデバフ管理が狂うため(例えば30sで消えるデバフがあるとか)、次回のスイッチタイミングまでそのまま通すということが多いです。逆にそのままだと無敵技の管理が狂ったりするためにさっさと戻さないとダメという敵もいて、相手次第になります。

2.
基本的に詠唱開始時点のタゲに攻撃が行きます。連続攻撃の場合はずっと元MTに行くものもあれば途中からSTに移るものもあります。技によって違うので都度調査or攻略ググってください。

Mike Lambela

Atomos (Elemental)

詠唱中は詠唱以外の行動をしないため、スイッチでMTが変わっても敵が回転すること無く(メレーに火力低下が発生せず)、回転防止のために元STが前に出て通常範囲攻撃に巻き込まれるといったことも起きず、また詠唱技には被ダメUPデバフがつくものもしばしばあり、スイッチに適しているいう特徴があります。

3.
次のスイッチタイミングまでそのまま役割を固定することが多いです。しかしこれも相手や戦法、味方との練度によって変わるため条件次第となります。

4.
切らなくていいです。STも開戦直後こそスタンスを切りますが、しばらくしたら暇なタイミングで事前にスタンスを入れておきます。
大きなPS差がない限りはタンクのヘイト獲得力はだいたい同じなので、開幕のスタンスオフやスイッチによってヘイトに大差をつけておけば、逆転する心配は全くありません。なので両者つけっぱでいいです。事前にSTがスタンスを入れるのは万一MTが事故死した際に被害を抑えるため。

Mike Lambela

Atomos (Elemental)

ただしシャークのリキャが回らないほどの短期間スイッチの場合はスタンスオフで安定を図ります。スイッチ直前だとスタンスオンに戻す余裕がないこともあるので、スイッチ後しばらくしたら余裕のある時に戻しとくと事故が減ります。

Sayaka Kuzuha

Anima (Mana)

お二人方、コメントありがとうございます!

DPSしかしてなかったもので虚弱、攻撃と一緒に
HP最大値なり防御力落ちてるのかなぁと勘違いして
ました、落ち着いてヘイト引き継いだ後は
タイムラインに沿ってスイッチするなり
そのまま継続するなりは敵次第ですね。
安定するまでは相方とダブルタンクで意思疎通
しながらの練習部屋詰めですので相談しながら
やっていきます。

最近で言えば覚醒エデンのパラダイスなんとかが
詠唱中にスイッチして1段目MT、2段目ST受けが
多かったのであの技だけがそういう判定なのかなと
思ってました。

あとはタンクをする以上DPS以上に敵の技と
もう1人のタンクとの連携を意識しつつ予習していく
所存であります。


エデンノーマルはズル出来ないかぁ…
やはりモブハンツアーからは逃れられない…
マテリア安くならないかなぁ
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying

Cookie Policy

This website uses cookies. If you do not wish us to set cookies on your device, please do not use the website. Please read the Square Enix cookies policy for more information. Your use of the website is also subject to the terms in the Square Enix website terms of use and privacy policy and by using the website you are accepting those terms. The Square Enix terms of use, privacy policy and cookies policy can also be found through links at the bottom of the page.