Character

Character

Soul of War

Azel Ivlis

Asura (Mana)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

コンフラの避け方・回転固定式がだめな理由について

Public
2層楽しんでますかー
私はクソ雑魚ですので2層攻略で3連休が潰れました_(┐「ε:)_

2層でおそらく一番問題になるコンフラグレーションストライク(以下コンフラ)
前の日記のように様々なマクロが氾濫していますがそのマクロの中でも
コンフラ渦フェーズ(もしくは鎖フェーズ)の時計回り、反時計回り固定がなぜだめかを軽く解説したいと思います

大前提として「タンクとヒーラーは玉の反対側に立ち、DPSは西側スタート」という形で固定したいと思います

まずコンフラの配置としては、北南に最も近い人に扇状範囲が出る炎の渦が出現し、これをタンクが誘導
北西南東、もしくは北東南西に風の玉が出現し、そこから鎖を切断する直線攻撃が出てきて,これをDPS組が誘導
これを3回避けるのがコンフラ渦フェーズになります

玉の出方は2パターンですが結局上下対称になるだけなので片方は割愛します

まず大前提のタンクとヒーラーが玉の反対側に立たなければならない理由ですが、玉と同じ方に立つと下記図のように1発目の直線範囲が飛んできて死にます


この渦フェーズの攻略法としては広い方に回転と東西往復の2パターンの攻略があると思います
まず広い方に回転するパターンはこうなって

こうして

こうじゃ!

東西往復パターンは
こうなって

こうして

こうじゃ!

きれいに直線範囲をタンクとヒーラーに当てずに処理できています

回転固定は広い方に回転するパターンの亜種になりますが、風の玉の出現パターンによっては詰んでしまいます
詰むパターンとしては
まずこうなるじゃろ

そしてこうなって

こうじゃ

祝☆全☆滅
しかし、玉の出現パターンがラッキーにもクリアできるパターン(50%の確率なのでわりと来てしまう)だと偶然にもクリアできてしまうのが回転固定式がなぜかたまに出てきてしまう理由かとおもいます(タンクは玉を見ずに一定方向に行くだけですし)
逆に言えば運が悪いと一生クリアできません
回転固定パターンをみたら、指摘するか部屋から抜けるという選択をとったほうがいいかと思います

以上となります、ちょっと愚痴っぽい感じになってしまいましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying

Cookie Policy

This website uses cookies. If you do not wish us to set cookies on your device, please do not use the website. Please read the Square Enix cookies policy for more information. Your use of the website is also subject to the terms in the Square Enix website terms of use and privacy policy and by using the website you are accepting those terms. The Square Enix terms of use, privacy policy and cookies policy can also be found through links at the bottom of the page.