Character

Character

Yaruyo Banzoku

Ramuh (Elemental)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Follow this character?

  • 0

新生グンヒルドの剣がどうなったかを確認する日記

Public
こちらは5.55クリア後のメリオールのセリフです。


彼女は、12人いた新生グンヒルドの剣の生き残りだそうです。

えっ、他の11人、死んだの?
ってか、既に出てきてたの?

そうか、新生グンヒルドの剣、いつの間にか終わってたのですね。
【残念です。】

新生グンヒルドの剣、彼らはいつ、どのように終わってたのでしょうか。
気になります。
なので、新生グンヒルドの剣がどうなったかを、まとめてみます。





まず、5.35南方ボズヤ戦線では、新生グンヒルドの剣が6人登場しました。


彼らのことは、初期メンバーとでも呼びましょうか。

関連日記:グンヒルドの剣を紹介する日記





その後、聖剣セイブ・ザ・クイーン初期メンバー6人はテンパード化されてしまいました。


左からヴェリボル、スタニック、???、イソルデ、???、アギー、ブラズ、???
よく見ると、初期メンバー以外もテンパード化されていたのですね。


その後の撤退シーン。
???たちの武器がわかります。
また、カットシーンでは映らなかったゼヴェンや白髪のナイトも、テンパード化されていました。





続いて5.45 ゴッド・セイブ・ザ・クイーンでは、
テンパード化された初期メンバーと再会しました。


グンヒルド・ディルーブラム、突入前です。
こちらのカットシーン、何度か見直しましたが、登場していたのは初期メンバー6人のみでした。




その後、グンヒルド・ディルーブラムに突入しました。
そこには、初期メンバー6人に加え、更に4人のメンバーが追加されました。

≪トリニティ・シーカー≫

1ボスのトリニティ・シーカーは、ブラズ、ヴェリボル、アギーが異形なる者へと変化した存在でした。


長い。
まあ、要約すると………
・ボズヤの湾港都市マルタルヴェから北へ1時間ほど歩くと、「翠の一門」の総本山がある。
・ガレマール帝国の侵攻時、小国ボズヤを守るため、多くの門徒が戦いに挑み、死んだ。
・バッシュ軍団長は、帝国に忠誠を誓えば、「翠の一門」を庇護すると約束した。
・翠の一門の極意のひとつが「三位一体」
・ブラズとヴェリボルは、3人目を同門内で探していた
・ブラズとヴェリボルは、アギーを3人目として受け入れた
・異形なる者へと姿を変えた3人を救う道はない



≪クイーンズ・ガード≫

3ボスのクイーンズ・ガードも、テンパード化した「新生グンヒルドの剣」のなれの果てだそうです。
私、5.45あまりやってなくて、これ気が付かなかったのです。
彼らもグンヒルドの剣だったんですね。

葉隠のムラデン

・ドマ国で生まれ育ったボズヤ難民の第二世
・忍術を学び、ドマ城奪還時もドマ・レジスタンスの一員として活躍
・ドマ解放後、バイシャーエン率いるグループに参加
・ドマ式忍術の教官として兵の育成に当たる
・第IV軍団への諜報活動を任務としてきた
・攻城戦時は別働隊として北部ボズヤに赴いていたが、
 その後南方ボズヤ戦線でテンパードになってしまった。

勇躍のアディス

・ボズヤ辺境デルベント出身
・多くの属州民同様に帝国式教育を受けて帝国兵となる
・シタデル・ボズヤ蒸発事変を契機にレジスタンスに合流
・百人隊長でありながら自ら先陣を切る
・名乗り上げた後、一騎打ちを好むという悪癖がある
・部下からの信頼は厚い
・南方ボズヤ戦線では、殿となって敵と対峙するが、テンパードになってしまった。

光速のトゥゲイム

・ルガディン族のレジンスタンス
・女性でありながら、身の丈以上の巨大な戦斧を自在に操る
・小国ボズヤ時代、名門貴族出のエリート
・ボズヤ人としては異例の自由市民として地位と権力を有していた
・祖国奪還のため全てを捨ててレジスタンスに参加した

「碧い死神」ラティミール

・猟師としてボズヤの辺境で暮らしていた
・シタデル・ボズヤ蒸発事変を理由にレジスタンスに参加
・銃の扱いに慣れていたため、狙撃手としての才能に目覚める
・ゴーラ河の拠点を襲撃された際、36名の帝国兵を射殺した


5.35で初期メンバーと共にテンパード化された機工士の彼、
私、彼がラティミールなんじゃ無いかなって思うのです。



≪トリニティ・アヴァウド≫

5ボスのトリニティ・アヴァウドは、
スタニック、ゼヴェン、イソルデが異形なる者へと変化した存在でした。


長い。
要約は・・・しなくていいかな。
彼ら3人は、戦友のようです。


戦いが終わったら、また三人で酒を酌み交わし……
絵に書いたようなフラグですね。





5.55 ザトゥノル高原では、最後の2名に出会いました。

≪傍白の外道術士≫

裏切りのグンヒルドの剣として、ロヴロが紹介されました。
登場と同時に、彼の必殺技クリムゾンスカージを放ちます。


≪師弟の戦い≫

続く師弟の戦いでは、火剣のメリオールと法剣のロヴロが戦っていました。
クリムゾンスカージは、やはり派手ですね。


ロヴロは、肉体までは変異が進んでいないようです。


≪ロヴロ・アン・スラナシュ≫

ロヴロは赤魔道士で、帝国軍に身を置きながらスパイとして活動していたようです。


ロヴロは、ランバードから赤魔法を習ったそうです。
ランバードは、Lv58 ランバードの幻影などに出てきたNPCです。
懐かしいですね。


その後、メリオールに赤魔法を教えたようです。


≪師弟の絆≫

ロヴロとの最終決戦。
ロヴロの……クリムゾンスカージに、 赤キ命ヲ燃ヤセ
メリオールがクリムゾンスカージを被せます。 赤き命を燃やせ


倒したロヴロをガンゴッシュに移送します。


≪メリオールのその後≫

彼女はマーチ・オブ・ザ・ブラッディ・クイーンではオボロと共に軍議に参加し…


旗艦ダル・リアータにも乗り込んでいました。
1ボス後、ご武運を…!と言い残し、その後は両翼へ展開したのでしょうか。



旗艦ダル・リアータ攻略後のセリフ。
彼女は生き延びた者としての責務を果たしたいそうです。
また、新生グンヒルドの剣たちの無念を思うと、断腸の思いで胸が張り裂けそうになるそうです。

Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying