Character

Character

Killy Qalli

Alexander (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Follow this character?

  • 0

超短期休暇最終日ということで。

Public
少し早めの盆休みで7日間のお休みでした。
明日より今月いっぱいはあんまりゲームできる余地がないから今日中に達成しておく必要があった。
俺、8月を乗り切ったら9月に有給休暇取るんだ……

ああそうさ、7日程度の休みなんを超短期と言い続ける必要性を感じているからそういってるのさ!
みんなもそういい続けようず、じゃないと4日程度で大型連休とか言われちまうぜ!(手遅れ感



ということで、休暇期間に入ってから上げ始めたギャザラー・クラフターも最低限目標値に届きました。
黄貨装備で揃っているのは黄貨稼ぎやすいギャザラーのみで、クラフターは全然の然なのですがこっちはのんびりやっていく模様。
今週のお得意様は秒で使い切ったのでどうにもならないのだ。

レベル上げの地として選んだのは、ブルジョワジーひしめく蒼天街とかいう魔境。
労働階級冒険者としては目につくブルジョワどもを改革の旗の下に誅殺してやりたいと思うかもしれません。
しかし実のところ蒼天街は同志労働者階級向けのコンテンツなので、どうか心を静めていただきたい。

なにしろNPCブルジョワジーなんて開発設定では山ほどいるだろうけれど、一部のプレイヤーたちが醸し出すブルジョワ・アトモスフィアに比べれば正直言って可愛いものだろう。
ウルダハの妖怪くらいじゃないだろうか、ブルジョワプレイヤーに対抗できそうなの。

因みに私の場合ですが財布にギルはありませんが円はあるので、使いどころさんがあれば好き勝手使います。
真なる労働者階級の同志諸君の中にも、似たような境遇の人はそれなりにいることでしょう。

蒼天系クラフタークラスクエストの最クソ大賞(別名Qalli賞)は錬金術に与えたいと思います。
レヴとかいうマケボない土地で受注とか色々訳が分からない。
最も蒼天街納品は錬金術師クソ楽だったのでおk、なんなら革細工も60~70はぬるぬるのぬるっていう難易度でした。
ディアデムで掘り続けられる人なら余裕でレベラップできますねい。

余ったディアデム素材が売れるなら、多少の出費分は十全にリターンできる程度にお金も稼げるのかなあとおもいます。
全く期待してないですが、まあ売れたらラッキー程度に3人分のリテイナー販売枠埋めてみました。

バトルコンテンツは、まあ流石に制作採取だけだと飽きてしまうのでほどほどにやっていまう。
高難易度は相変わらず己の実力を知っておけハゲとばかりにやっていませんが。
リューサンの装備が漆黒77か79のID産出の槍だったためにやむを得ずボズヤに赴いて武器取得からの強化クエストをある程度こなすなど。
強化クエストの第一弾に漆黒最クソ大賞を授与したいと思います。

なおゲーム通じての最クソ言語賞は帝国ちゃんです。あいつらの名前のつけ方わかりづらいんじゃ!
アシエンたちの言語に近いのかもしれないけれど。

以下ネバタレ
Click to showClick to hide

ということで渋々ボズヤ関係のコンテンツを消化。

ランクをあげての初見攻城戦はPTからあぶれるというなかなかの渋ちんさを見せていただきました。
最終的にはあぶれものPTに入れてもらえてありがたかったんだけども。
どっちにしろPT間で繰り広げられる奇妙な呪文めいた発言の数々は意味が分からないので、ついてくマンするしかない。
理解する気があるなら多分簡単に理解できるんだろうけど、その気がないから仕方ない。

戦闘面は、流石に初見の初見で全部ギミック乗り越えられるかって言うと流石に厳しいですが、6割から7割程度はついていくことで可能。
同時に火力出せますかという話については、現状においてやりこんだプレイヤーとなにもしなくても火力面でかなりの差がつくようなので、まずは死なないように殴ればいいと理解。
PTメンバー相手にバフをくれてやれる系のジョブで参加して、勲章積んでるメンバーにバフあげるようにすればいいんじゃないかな程度の認識。
できることならもう二度と行きたくなかったんだけど、後々ですが武器強化のために3周回る必要性を提示されたためやるしかないみたいです。

また、個人報酬箱っていうのが沢山出る場所とかあるんだけれど、最初はガチで知らなかったので1個だけ開けて走り去っていた。
直近の一回で全部開けていいんじゃねえか?と思い立って全部開けるようにした。
誰かが教えてくれるなんてことはこの世界においてありえないため、こういうものは自分で思いつくよりさきにインターネッツで調べるべきだというのに。
とはいえ片手の指の本数より攻城戦やった回数は少ないため、ダメージもないに等しいレベルだけれども。

グンヒル云々。
こちらも戦闘面は、ついていくマンにてある程度はカバー可能。
初見時における1ボスは割と余裕があって、2ボス以降で少し床掃除にいそしんだ程度だったような気がする。
こちらもいかなくていいんならもう二度と行きたくはないんだけれど、どうせ後々強要される(強要するとは言ってない)んだろうなあという儚き思い。

ただこちらに関しては初めからパーティが組まれた状態での突入となる。
なので文化文明面で見ればこちらの方が圧倒的にマシ。

オンドゥル平原とかいうのが解放されたけれど、こちらは見てすらいないからどういうところかは知らない。
知らないのであの地はオンドゥルでいいのだ。
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying