Character

Character

Konoka Nanase

Anima (Mana)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

探検手帳~紅蓮編・紅玉海の部:探検記録~

Public
~手帳場所はこちら

No.27 碧のタマミズ
碧甲羅のコウジン族が築いた海底集落。
コウジン族は、長く息を止めることができるが、それでもサハギン族のようにエラ呼吸はできない。
そのため、水中に空気の玉を定着する魔法的技法を、長い歴史の中で編み出したようだ

―――この景色、後世に伝ふ。紅玉海のいずこかにあり。その場で見渡す。

No.28 沖之岩
紅玉海に浮かぶ小島のひとつ。
北側には巨大な珊瑚が連なっており、紅玉海を牛耳る海賊衆たちが拠点を築いている。
なお、ひんがしの国の博物学者によると、この島は獄之蓋の噴石によって生じたものだという

―――この景色、後世に伝ふ。紅玉海のいずこかにあり。その場で見渡す。

No.29 アメノミハシラ
天を衝く巨大な石塔。東方地域に伝わる神話では、国産みの神が築いたとされているが、
正確なところは不明。歴史的に禁忌の地とされていたが、
戦乱期に神をも怖れぬ海賊衆たちが上陸、拠点「筋違砦」を築くに至った

―――この景色、後世に伝ふ。紅玉海のいずこかにあり。その場で見渡す。

No.30 サカズキ島
最初の海賊たちが杯を交わして、義兄弟の契りを結んだとされる島。
海賊衆にとっては、発祥の地ともいえる特別な場所である。
今でも物見砦が置かれており、多くの海賊たちが詰め、紅玉海を行き交う船を監視している

―――この景色、後世に伝ふ。紅玉海のいずこかにあり。その場で見渡す。

No.31 ゼッキ島
紅甲羅の拠点。「人を殺す鬼」が棲まう島として「ゼッキ島」と名付けられたが、
いつしかコウジン族までもが、そう呼ぶようになった。
なお、昔は島であったが溶岩により大陸本土と繋がっているため、厳密には島ではない

―――この景色、後世に伝ふ。紅玉海のいずこかにあり。その場で見渡す。

No.32 イサリ村
オサード小大陸東岸にある集落。イサリとは「漁」を示し、
この村が漁業によって成り立っていることを示している。かつては、海賊衆の小屋が置かれ、
紅玉海を渡るための帆別銭の徴収などが行われていたようだ

―――この景色、後世に伝ふ。紅玉海のいずこかにあり。その場で見渡す。

No.57 紫水宮
蒼玉海溝の奥にひっそりと佇む海底宮殿。
紅玉海の海底に棲まうアウラ・スイたちが築いたもので、彼らを束ねる「紅玉姫」が暮らしている。
部外者はもちろん、アウラ・スイであっても特別な許可がなければ立ち入ることはできない

―――この景色、後世に伝ふ。紅玉海のいずこかにあり。その場で見渡す。

No.58. オサード小大陸東岸
紅玉海に面したオサード小大陸の東岸地域。
はるか昔より漁業が盛んであり、海岸線にはイサリ村のような漁村が点々と存在している。
風光明媚な場所でもあり、この地を詠んだ句も多く遺されているという

―――この景色、後世に伝ふ。紅玉海のいずこかにあり。早朝、その場で見渡す。

No.59 筋違砦
紅玉海を牛耳る海賊衆たちの根拠地。神代の時代から存在するという謎めいた巨塔、
「アメノミハシラ」がそびえることから、古くから禁忌の地とされてきた。
だが神をも怖れぬ海賊衆たちが陣取り、砦を建造したのだという

―――この景色、後世に伝ふ。紅玉海のいずこかにあり。その場で見渡す。
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying