Character

Character

Haduki Saijou

Ixion (Mana)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

熱血ハウジンガーの後悔の日々

Public
 こんにちは。ManaDC Ixionサーバー在住のHaduki Saijouです。この日記はとあるハウジングにまつわるクズな私自身の自戒の為の日記です。だけどもし、これから似たような状況になりつつある方がいたらこの日記があなたを最悪の結末を回避する為にほんの少しでも役立てれば幸いです。
※かなり長文ですので悪しからず

 私はフレさんがマスターを務めるCWLSにYさんという女性の方と所属していました。ちなみに私も女です。そのLSにマスターの旧友としてHさんという男性の方が復帰を機に加入してきました。Hさんは私達の青魔レベリングにとても積極的に手伝ってくれてとても有難いと思っていました。Yさんも一見、極々普通の戦闘大好きっ子なフレさんでした。

 転機が訪れたのは2021年2月下旬のこと。ハウジングを話題が上がり、元々、S土地しか持ったことがない私と、他鯖から引っ越してきてまだ土地を持っていないYさんがいつかM土地のハウジングをしたいという話をしていました。その様子を見てHさんが自身の持つMハウスをハウジングしてみないかという話を持ち掛けてきました。二人での共同代行…。正直不安でいっぱいだったが中々ない機会だと思い、参加しました。

 二人で一つの代行をするからにはテーマを合わせ、かつ持ち主であるHさんを喜ばせたい!その一心でYさん”カッコイイ男性の一人暮らしの家”というテーマを決めてもらい、まずは私が担当する二階から着手した。他鯖にキャラがいてそれまではどちらの鯖もバランスよくInしていたがIxionに集中して戦闘コンテンツも控えめにしてとにかくハウジングに打ち込んだ。着手直後からHさん「愛する夫婦の愛の巣」というテーマを依頼されたのでちょこっとだけ路線変更して再開。ハウジングの話が出る前から「エタバンしたい」と言っていたHさん。本人はLSの皆に向けて冗談で言っていたらしいが色々良くしてもらっている内に心惹かれて代行着手中にエタバンをさせて頂きました。LS内で過去に揉め事になって以来、一人だけ会話に不参加のメンバーがいてそれの原因が私(って言ってもどっちもどっちな理由だった)だと知っても私を否定しないでいてくれた事にとても嬉しいと思っていました。チョロイと言われるかもしれませんがリアルでの遠距離恋愛するようになりました。

 そして出来上がったハウジングにHさん大満足!完全オリジナルとはいかないけど(本人には話している)黒モダンハウジングは大成功をおさめた。ハウジンガーとしての私はお役目御免。日頃からHさんが一緒に遊びたさそうにしていたのでこれでゆっくり遊べるとワクワクしながらInしました。ところがある日、Hさんから二人きりのLSチャットで聞かされたのは「Yさんが作業始めたけど訳分かんない事してる!」との愚痴だった。すぐにハウスに向かうとYさん担当の地下入り口にはウッドロフトと水槽。階段横スペースにはリムレーンが置いてあって「何コレ?」という状態だった。ウッドロフト等染色可能な物は後から黒く染めてくれるのだろうかと思い、とりあえず様子を見守る事にした…。

 ところが代行を自ら進んでやりたいと宣言して任されたハズのYさんは戦闘コンテンツの為に作業を中断したり、進めてもやはり男性向けではない方向に進んだりとHさんの頭を悩ませ続けた。次第にYさんがInしなくなり(リアル事情だと後から聞いた)とうとうLSマスターに泣きつく事態にまで突入していた。そこで私達が聞かされたのはLSマスターがサブマスを務めるFCでYさんが人間関係のトラブルを起こしているという事実だった。その為、何があってもLSマスターを巻き込むまいと二人で決めました。やがてHさんもリアル事情でInできなくなり、私が一人で様子を見守るようになっていきました。ちなみにYさんはLSマスターから代行の件に関しては当時は知らされていなかったようです。その頃にYさんから聞き出したテーマが”癒しの空間”に変わっていた事に私も怒りを覚えた。しかし、あくまで地下担当はYさん。とにかく完成させる前にHさん好みの内装に変えさせねばと必死にTwitterでカッコイイ画像を探し、DMでHさんの承認を得たうえでYさんに「こっちに変えてほしい」と伝えるも「作りたい物がある」と、却下されてしまった。

 そうして4月上旬にできた地下は茶色がメインの癒し空間…。恐らく持ち主が女性なら気に入る人はそれなりにいるだろうと思われる。しかし大変申し訳ないがこれを好む男性は少数派ではなかろうか。一応報告するもやはり気に入って頂けなかったようだ…。

※写っている人物は私のサブキャラです

 どうにか一部だけの改装に留めようと思ったがHさんに気に入ってもらえるようなハウスにするのは不可能だと判断した私は5月上旬GW休みを利用して、完成予想図をHさんに提出し、Yさんのシェアを外してもらい、全面改装に踏み切った。完成したハウスはたったの20時間しかかからなかった割にはHさんも大満足だった。

 ところが私達二人が最大の失敗をした事を知るまであっという間でした。

 翌日、私のスマホに届いたDMには「Hさん、私のハウジングが気に入らなかったのですね。せめて事前に連絡してほしかったです。あんなにお金かかったのにショックです。」というYさんから書かれていた。普段Twitterあまり見ない人だったのにうっかり見てしまったようです(ちなみに本人に言わなくていいか事前に確認したが必要ないとHさんに言われていれ、私が提示した案も蹴られたので報告しなかった)。
 あってはならない事だが少し前から体調を崩していたストレスやHさんと中々遊べないストレス、更にハウジングに不真面目な(ように見えた)Yさんの態度にストレス爆発して批難の言葉を浴びせ続けてしまった。その裏でHさんが謝罪していたとも知らずに…。
 そしてLSマスターに呼び出され、話し合い、それぞれ交渉をするも私とHさんに下された処分はLS追放だった。Yさんにも追放処分を下す話が出ていたが後日、フレンドリストから名前を消そうかと見たところ、YさんはLSマスターと同じFCに所属したままだった。
 そして、怒りに任せて最悪の事態にしてしまった私はHさんからエタバン解消を言い渡された。

 この騒動から数日、冷静になってみればもっとあの時こうしていればという後悔で頭がいっぱいだった。私が体調に異変を感じたのはHさんと付き合い始めたタイミングだったけどリアルでの向上心をもたらすきっかけにもなっていた。しかし、私にとってIxionでの大きなモチベーションと大切な相方…それも15年ぶりにできた恋人を自身のクズな行動によって失ってしまいました。

 この日記をいつかふとロドスト画面開いた時には私は心から笑える日を迎えているだろうか…。失ったものとは違った形のフレさんならまだいる。彼らをこれまで以上に大切にしていこうと思う。

 この日記をご覧になっているそこのあなた。もし、あなた自身または周りの人が同様のトラブルを抱えそうになった時、この日記を思い出してダメ元でもかまわない。必ず報連相は欠かしてはいけません…。
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying