Character

Character

Saki Kisaragi

Atomos (Elemental)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Follow this character?

  • 2

ロールにまつわるエトセトラ

Public
FF14にはタンク・DPS・ヒーラーという3つのロールが存在しています。
このロールにはそれぞれ役割があり、各自がその役割を全うすることでPTプレイが成立します。

上手になりたいと思ったら、まずは自分の役割を理解してそれにあった動きをすることが求められます。


タンクは敵視を維持する。
DPSは攻撃しつつギミック処理する。
ヒーラーは回復をする。


これが基本中の基本となります。
それぞれに別の役割があるのですけれど、それぞれに密接な関係を持っています。







タンクは敵視を集めて相手からの攻撃を引き受ける役割を持っています。
そのため、防御力が高く、防御バフも多数持っています。
でも、だからと言ってタンク一人では耐えきることが出来ません。
ヒーラーからの回復があって、初めてタンクとしての役割を全うすることが出来ます。







DPSは高い攻撃力を生かして敵を攻撃しつつギミック処理を担当します。
PT戦においては、タンクがボスの位置と向きを固定してくれる事で、方向指定を決めてより高いダメージを出して行く事ができます。
たまに範囲を避けずに攻撃し続けて倒れる人を見かけますが、避けられる範囲攻撃は避けましょう。
倒れて衰弱デバフを貰ってしまったら、どんなに頑張っても火力が落ちます。







ヒーラーの役割は回復をすることです。
タンクが敵視を維持するためには回復が必要です。
また、ボス戦では戦闘中に全体範囲攻撃を複数回してくるので、DPSが攻撃し続けるためにも回復が必要になります。
ヒーラーにとっては、タンクが盾でDPSが剣という事も出来るかもしれません。
自分が一生懸命攻撃するよりも、盾と剣を維持し続けた方が安定した戦いができます。
それらを維持した上で余力がある時は自身も積極的に攻撃参加して行きましょう。







もう少し簡潔にまとめると



タンク視点

回復してくれるヒーラーはそれだけで有り難く、防御バフを適切に使って被ダメを抑えることに集中できる。
きちんと方向指定を入れてくれるDPSが居ると、戦いやすくなるように位置や向きを維持することにやりがいが出てくる。



DPS視点

位置と向きを固定してくれるタンクだと攻撃しやすいので、ストレスなく思う存分に攻撃が出来る。
ヒーラーがきちんと回復してくれると、自身のHPを気にせずにスキル回しに集中できる。



ヒーラー視点

防御バフをきちんと使ってくれるタンクだと回復の負担が減って、色々と余裕ができる。
被弾の少ないDPSだと余計な回復をしなくて良いので回復の負担が減る。
結果として、余力ができた分、ヒーラーも攻撃参加しやすくなる。





一人で好き勝手にやるのではなくて、役割をきちんと守ることで巡り巡って自分に返ってくる。
そんな好循環を体験すると、ロールを守ることの大切さと楽しさに繋がって、もっと上手くなりたいと思える。
そんな気がします。



まずはロールを守る。
役割にあった行動をする。

難しいことは考えずに、まずはその事を意識してみてはいかがでしょうか。




Comments (2)

Leon Taylor

Masamune (Mana)

初心者の館の教官やってほしいくらい!

Saki Kisaragi

Atomos (Elemental)

Leonさん
コメントありがとうございます。
初心者の館は、あれはあれでよく出来ているのですよ〜。
作った人、大変だったと思います。

そこでは語られていない部分を、気が向いた時に細々と発信していきたいと思います〜!
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying