Character

Character

Momorino Kokorino

Tonberry [Elemental]

You have no connection with this character.

Follower Requests

Follow this character?

  • 0

ドローを徹底的に改修しよう!~占星術師の大改修案 1

Public
強い言葉になってしまいますが、とりいそぎ結論だけ。

諸悪の根源、ドローを大改修しましょう!

以上です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
✒なぜドローなのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一番言いたいことを真っ先に言ったので、説明を補います。

蒼天で実装されて以来、占星術師のカードシステムは、常に議論の的です。
フォーラムや外部サイトで、様々な不満が表明されてきました。

そんな占星術師の問題は、以下の要素から生じていると思います。

・多様性:  ドローするカードが 6 種(+ 2 種)あること
・ランダム性:ドローするカードがランダムであること
・自由度:  ドローのタイミングをある程度自由にずらせること


この 3 要素を軸に、占星術師のカードシステムをふり返ってみます。

✒紅蓮の時代
紅蓮のカードシステム(紅蓮仕様)は、カードごとに効果が大きく違います。
この高い多様性が、ランダム性と組み合わさって、カードに大きな格差が生まれました。
最強のカードは強すぎる分、欲しいときに引けないのは大きなストレスでした。
逆に弱いとされたカードは、使う機会に恵まれませんでした。

一方で、自由度はほとんど問題になっていませんでした。
カード格差が大きく、バーストにカードを集めるのが難しかったからでしょう。
ただ、自由度の高そうなアビリティはいくつかありました。
キープやマイナーアルカナ、紅蓮スリーブドローなどです。

✒漆黒の大改修
そして、カードシステムは漆黒を境に大きく変わります。
いわゆる「漆黒の大改修」です。

カードの効果が統一され、カードの格差がほぼなくなりました。
しかし、カードのささいな違いですら、ランダム性の元では問題になってしまいします。
遠近投げ分けやサイン(シンボル)集め、マイナーアルカナへの不満がここから生じています。

さらに、カードの格差が抑えられたことで、自由度が問題になり始めます。
プレイ、漆黒スリーブドロー、暁月マイナーアルカナ、ドローのチャージ。
これらを駆使すれば、たくさんのドローをバーストに集中させられるのです。
簡略化したはずなのに、紅蓮とは別種のいそがしさが、悪目立ちするようになってしまいました。

✒改修すべきもの

「漆黒の大改修」の大方針は、シナジーを抑え、メカニクスを簡略化することでした。
紅蓮の占星術師のシナジーは、まるで高レートのギャンブルのように乱高下し、制御が困難でした。
それを「カードの多様性を抑える」というやり方で安定化し、同時に簡略化を図ったのだと思われます。

「漆黒の大改修」がとったこの方法は、たしかに有効でした。
けれども、最善の策ではなかったと、わたしは考えています。

結局のところ、多様性は問題の本質的な原因ではありません。
カード格差と不安定性につながるのは、ランダム性と組み合わさったときだけです。

むしろ真の原因は、ランダム性と自由度ではないでしょうか。
これらの要になっているアクションを改修するべきです。

それが、ドローなのです。

占星術師のランダム性と自由度を一手に担い、
蒼天以来ほぼ変更を加えられることのなかったこのアクションこそ、
次の大改修のメインターゲットにすべきではないかと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
✒サイクルシステムの提案
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

説明は以上となります。
しかし、ドローを改修しろ!と威勢よく言ったはいいものの……
具体的にどんな案が考えられるでしょうか。
そして、それで本当に問題は解決するのでしょうか。

その疑問に答えるため、ドロー大改修の一例として、「サイクルシステム」を提案したいと思います!
現在の占星術師の問題の多くを解決し、
遊びの要素も残しつつ、
新規プレイヤーにも使いやすい(はず)の欲張りシステムです。

(妄想級の大改修案なので、1年後には黒歴史になりそうですが……)

全体像をざっくりと1枚の画像にして見ました。
要点だけを載せましたが、それでも文字が多くてすみません……。

占星術師に関心のある人ならもしかすると「どこかで聞いた改善案の寄せ集めだな」と思うでしょう。
その通りです。
サイクルシステムは独創的なものではありません。
いままでに見たり考えたりした改善案をわたしが独自にまとめたものです。

サイクルシステムの目標は、より多くの人が占星術師を楽しめるようにすること。
そのための手段として、ドローを大改修するのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
✒以降の日記の紹介(目次)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このサイクルシステムについて、これからの日記で説明していこうと思います。
非常に長くなるので、日記を分けることにしました。

✒サイクルシステムについて

先程の画像では説明不足なので、まずはすべてをこまかく説明します。

システムを説明したのち、その特徴を説明します。

以上がサイクルシステムの解説になります。

✒占星術師の分析
今回の日記の冒頭で、ドローの問題点を説明しました。
あの説明のもとになった分析を「裏面」として用意しました。

紅蓮から暁月までの、占星術師に関する不満・改善案・議論。
ありったけの論点をごっそりまとめてがっつり分析しています。

興味のあるところだけでも読んでいただけたら、うれしいです。
Comments (0)
Post a Comment

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying