Character

Character

Gentleman

Gradia Selene

Ramuh (Elemental)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

希望の園エデン共鳴編:零式4層 【0.1%の壁をのり超えたオレたちの詰め攻略】

Public
どうも、セレネです。




モンク視点動画を追加しました。








勝てました。
希望の園共鳴編エデン零式4層、初週で勝てました!!
固定メンバーと数日間ずーっとやり続けて、何度も試行錯誤しながら詰めれる方法を探して倒しました。
それも0.1%で時間切れという絶望を攻略中三度も見てきたので、みんな本気で詰めました。
早期攻略っていうのはめちゃくちゃ内容も濃くてたのしかったです!!



そんなこんなで私たちの固定がこの数日間詰めまくって編み出した攻略法を今、火力で詰まってて4層が乗り越えられない!といった人たちの糧となるべく、この記事を書こうと思いました。
しかし、この記事の攻略法が最高火力をだせるというわけではないです。私たちの攻略法は失敗しにくいかつ火力が出せる攻略法なので、「あとちょっとだから確実に勝ちたい!!」って時の「ここをこうすれば今とあんまり変わらないけども殴れる回数増えるよ」というような攻略法となっています。あらかじめご了承ください。




それではその攻略法なるものを紹介していきます。

と書いてめちゃくちゃ長い攻略を前半後半と書きたいわけですが………
全体的な攻略法はMel Latourさんの記事に書いてあるミルン式通りにやっているので、そちらの記事をまず読んでからここから先をご覧ください!
ミルン式の記事
上記の通り、ミルン式を真似ていることもあり、全部かいたとしてもそちらの記事と重複してパクリ記事のようになりますので、この記事ではミルン式から変更した点だけ紹介していきます。




前半



ダイアモンドダスト後のスラスト時中央向け
Click to showClick to hide
前半はまずタンクの誘導において変更点があります。
鏡の国詠唱後にボスが使用するフロストスラッシュorフロストスラストがありますが、これがフロストスラッシュだった場合、後に来るギミックのダイアモンドダストフェーズ終了直後にMTがボスを中央に向けるように誘導します。
文字ではよくわからないかと思われますので、その場所の動画をご覧ください。
スラスト内周向け

このようにボスを中央に向けることで、MTと逆側に必ず飛ばされるヒーラーが移動しなくてよくなるので、その分攻撃できるようになります。
フロストスラッシュではなくフロストスラストが先に来た場合は、ボスはそのまま外周に向けておき、ダイアモンドダスト後に来るフロストスラッシュの安置をつくります。

フレア中央捨てという方法
もあるようですが、軽減をいれなきゃいけなくなるのと、近接は吹き飛ばされても突進スキルを使えばGCDロスがなくなるので、うちは採用していません




光の暴走の近接玉の場合の殴り方
Click to showClick to hide
前半の鬼門となる光の暴走ですが、ミルン式を採用した場合、近接に玉がついたら全然殴れないと思われがちです。
この考えは間違いであり、実際にやってみても殴れないよという近接の方はこの方法を試してみてください。
近接玉だった場合の動き

このように光の波動を回避した後、目の前にある玉の右脇で殴ることで、自分の玉を入る塔から少し離しつつ殴れて、塔に入ってる間も殴る猶予を作ることができます。

光の暴走はいろんなやり方が出されていますが、ミルン式が自分たちは一番安定しました。
より殴れる方法もあるのですが、そちらは安定感がなく、この光の暴走は前半の遅めでくるギミックなので、失敗しにくいという点もふまえてミルン式を採用しています。




雑魚フェーズ
Click to showClick to hide
ここは少し工夫した点を紹介します。
私たちの固定の雑魚フェーズは東側がナイト,占星,モンク,召喚となっていますが、これから紹介する方法はナイトがいた場合、やることができます。
どんな方法かというと、ナイトが線を2本とるという方法です。
もちろん1本とったあとにもう1本線をとると即死級ダメージをくらうのですが、ここでナイトにインビンを使ってもらい、もう1本線をとってもらいます。
こうすることになんのメリットがあるのかというと
・腐らせているインビンを有効活用
・近接が常に殴りに行ける
・線の被ダメが一回分なくなるのでヒールが楽になる
これらのメリットがあります。
それに加えてナイトにはホーリースピリットという遠隔技もあるので、線を処理しながら攻撃ができるわけです。
この方法を採用したことで、ライトニングを殴り過ぎた近接が死ぬこともなくなり、倒しきる速さも格段と速くなって安定しました。

ヒラの負担はでますが、他のタンクの無敵技でも可能ではあります。

参考動画
固定の占星さんです。


近接が殴っている視点
https://www.youtube.com/watch?v=3p86cM-b58U&feature=youtu.be







後半


モーン・アファータンクひとり受け
Click to showClick to hide
ここでいうモーン・アファーは最終フェーズの生首を処理しながら、モーン・アファーとアク・モーンを処理しているところの、1回目と2回目のモーン・アファーを指しています。
ほかの攻略記事で見つけた方法なので、私たちが考えたというより、参考にさせてもらった方法です。
非常にヒールも軽減も楽になるのでオススメです。


ワールドレース勢ではアク・モーンのほうを無敵受けが多かったみたいですが、こちらのほうが確実にヒーラーへの負担軽減と安定につながると思います。
アク・モーン無敵の場合は同時に無敵を使うので、実質1回分しか軽減できていませんが、モーン・アファーを無敵受けすることで2回分軽減できます。それに無敵ですので、ヒーラーがバフ解除しに行っている間にヒールしなくていいという点も大きいです。




自分たちが工夫したことはほかにもそれぞれ出していくともっとありますが、誰にでもどのPTにでもできそうな工夫はこれくらいになります。



これらの方法で攻略してクリアした動画のリンクを貼っておきます。
私のモンク視点動画は今回残すことができなかったので、固定の占星さんと詩人さんの視点を載せておきます。


占星視点初クリア(雑魚フェーズ東組)
https://youtu.be/Agz0pDUlRlg


詩人視点初クリア(雑魚フェーズ西組)
https://youtu.be/QyrdW26SR70



モンク視点クリア動画 2週目消化(近接詰めたい人は参考にしてください)
https://youtu.be/oue5iouAp0E












ここまで読んでいただきありがとうございました。
何十時間も頑張ったのに0.1%の壁が超えられなかった私たちは、ほんとに絶望しかけてました。
モンクの桃が忍者のバーストに乗らないから、、、とか、モンクだけ90秒バーストなのにふみなりは120秒だから、、、とか、モンクに文句を言いたくなったくらいです。
でもやっぱりみんなできちんと詰めれれば勝つことはできたし、キルタイムも初週の15~20番目あたりだったので、ジョブ構成なんて関係ありませんでした!
お互いのジョブへの理解と、得意不得意をカバーし合えることができれば、0.1%の壁も自然と超えられます。
今まさに超えられないで絶望しかけている人たちに、この記事が少しでも届けば良いなと思ってこの記事を書きました。

最初にも書きましたが、この記事に書かれている攻略方法が最大の火力を出せるわけでもないし、一番安定するわけでもないです。火力と安定の両方のバランスをとりながら考え出した方法ですので、本当に超えられなくて困ってる、とかいうときにちょっとだけ参考にしてみる程度になればいいなと思ってます。


この記事に関して何か質問とかもあったら是非コメントにてどうぞ!



それでは、この記事を読んでいただいたみなさんもぜひともリーンちゃんを救ってあげてください!
ありがとうございました!良きエオルゼアライフを!
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying

Cookie Policy

This website uses cookies. If you do not wish us to set cookies on your device, please do not use the website. Please read the Square Enix cookies policy for more information. Your use of the website is also subject to the terms in the Square Enix website terms of use and privacy policy and by using the website you are accepting those terms. The Square Enix terms of use, privacy policy and cookies policy can also be found through links at the bottom of the page.